行動力がない人必見!行動力が高まる思考法【行動力の化身となれ】

スキル・キャリアアップ

行動力がないっていつも言われるな…
チャレンジすべきとはわかってるけど、行動に移せない…

こんにちは、roroです。

ホリエモンさんの『多動力』をはじめとする書籍や様々な有名人の体験談から、行動力の重要性を再確認している人は多いのではないでしょうか?

そして、自分も一旗上げるべく、行動力を高めよう!何かにチャレンジしよう!

と思って、下調べをして、プランを立てて、

よし、じゃあ実践に移そう!

いざ行動しようとしたら行動できない…という人は多いかと思います。

そこで今回は、行動力がない人でも、行動力を高めることができる方法を紹介していきます。

行動力皆無の人でも行動力をつけることは可能です!

この記事を読むことで

  • 行動力のつけ方がわかる
  • 行動の重要性がわかる
  • 成功に近づき、人生が豊かなものになる

行動力がない人必見!行動力が高まる思考法【行動力の化身となれ】

スポンサーリンク

目標を細分化しよう

行動力がない人のよくある例の1つとして、「あまりにも目標が高すぎる」というものがあります。

「せっかくだから、高い目標にチャレンジしたい!」

この気持ちはよくわかります。実際に高い目標にチャレンジすべきだと思っています。

しかし、その目標を可能な限り細分化して欲しいのです。

せめて、大きな目標に対して、短期・中期・長期目標を定めて欲しいのです。

簡単な例を紹介しましょう。僕の受験を例にとってみます。

僕は高校三年生の秋に偏差値50以下から、大阪大学を目指していました(結局は違う大学に進学したのですが)。

その大きな目標ばかり見ていても、正直しんどいですし、やる気はなかなか起きないです。

そこでその目標を細分化していくのです。

まずは9月の模試で偏差値55あたりを目指します。そして10月には共通テストで75%くらいの得点率をとって、11月には一旦二次試験の過去問を4割くらい解けるようにして…

このように目標を少しずつ細分化します。

そしてその小さな目標を達成するために毎日の行動(この場合勉強)を考えてそれを実行します。

このように目標を細分化することで行動に落とし込むことができるので必ず目標を細分化してください。

スポンサーリンク

行動する気分を作ろう!

いざ行動のタイミングとなった時には、プラン作りなどで疲れてしまって

「プランは立てられたけど、なんか動く気になれないなあ~」

となってしまう方もいるかと思います。燃え尽き症候群的に。

そんな方はぜひ、その行動する気分を作る努力をしていただきたいと思います。

最も簡単な方法は「環境を変える」ということです。

人間というのは、能動的に生きているように思えますが、実際は環境の影響を大きく受けて受動的に生きているのです。

気分が乗らない時にビジネスマンがバリバリ作業しているようなオフィス街のカフェに行ったりすることで「自分も頑張らねば!」と思って行動する気分になりますよ!

また、他には、「自分が行動を起こそうと思ったきっかけ」に触れることも大切ですね。

僕は受験時代、気分が乗らない時に大阪大学の研究室のHPを見たりしていました。

そうすることで初心を思い出し、自分の勉強スイッチをオンにすることができたのです。

「初心忘れるべからず」ですね!

スポンサーリンク

悩むな、失敗を考えるな。

悩んだり、失敗のことを考えるというのは最も行動にブレーキをかけてしまう行為です。

そのような「悩み」や「失敗への懸念」が少ない人ほど、行動力という点に関しては優れています。

とはいってもこの記事を読んでいるあなたは

「そっか!じゃあ悩まないで、失敗のこともあまり考えないでおこう!」

とはいかないですよね(笑)

悩みが出た時になるべく悩みを消し去る方法があり、それを僕は記事にしています。

この2つの記事を読んで実践すれば確実に無駄な悩みは消え去るのでぜひお読みください。

また、失敗への懸念というのは少なからず生まれると思います。

人間というのは注意の向く方向に向かってしまいます。

歩いていて、前から来た人に注意していると逆ぶつかりそうになった経験は誰しもあるはず。それと同じです、

失敗に注意を向けすぎると無意識の間に失敗の方向に向かって行ってしまいます。

失敗が頭をよぎった時は必ず即座に

「どうすればその失敗を回避することができるのか?」
「どうすれば最小限の被害に食い止めることができるのか?」

を考えるようにしましょう。

そして、完璧である必要がないので、答えが出たら失敗のことは考えないようにしてください。

そうすればあなたは確実に成功の方向に向かって行動できます。

スポンサーリンク

完璧主義を捨てよ

完璧主義というのは一見響きがいいですが、成功者にはほとんど見られません。

未完成、不完全でいいから、まず行動!

これを意識するようにしましょう。

世界を股にかけ、今あなたが使っているであろうGoogleではサービスをリリースする際に完全な状態でリリースすることはあまりないと言います。

まずリリースしてみて、利用者の反応を見たり意見を聞いたりしてからそのサービスに改良を加えていくという手法を取っているのです。

こうすることで確実に利用者のニーズに応えることができますね!

それと同じ。行動する際も、行動してみないとわからないことがほとんどなのでぜひ迷ったら、行動するようにしてください!

「思い立ったが吉日」ですよ!

スポンサーリンク

無駄な行動なんてない!

いかがでしたか?

この記事で紹介した考え方をすればあなたの行動力は格別に上がります。

最後に

「行動しても無駄になったらどうしよう…」

と思っている方へ。

無駄な行動などありません。人生不思議なもので無駄にならないようにできているのです。

Apple創始者のスティーブ・ジョブズも大学時代に無駄と思われるカリグラフィーに明け暮れましたが、その経験によってPC界にフォントの多様性をもたらしました。

このように人生では行動の点と点が結びつくのです。

無駄な行動なんてない。ぜひ行動してください!

僕のTwitterではブログ更新情報など様々な情報を配信中!ぜひフォローお願いします!

roroLogのTwitterはこちら

スポンサーリンク
スキル・キャリアアップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました