本番に強くなるためにするべきこと【勝負強さを身につけよう】

心理学

自分は本番に弱いんだよね…
いざとなると緊張してしまって…

こんにちは、roroです。

この世の中には勝負強く、ここという場面で結果を残す人と、逆に大事なところで普段の力を出すことができなくなる人がいますよね。

あなたはどっちでしょうか?

もし「自分は本番に強い!」と思っているのであれば今すぐこの記事を閉じていただいて結構です。

あなたが「自分は本番に弱いなあ…」と思っているのであればぜひこの記事をご覧ください。

本番に弱い人でもここという場面で自分の力を発揮することができるのです。

もちろん、謎にここぞの場面で絶好調になる漫画の主人公みたいな人もいますが、多くの勝負強い人というのは、本番で自分の力を発揮する方法を「知っている」に過ぎないのです。

ここで本記事ではここぞという場面で自分の力を最大限に発揮するコツ・方法を紹介しています。

これを実践することで異常なまでにあがり症で本番に弱かった僕も本番に強くなることができたので超オススメです!

この記事を読むことで

  • 勝負強くなることができる
  • 本番で自分の力を発揮することができる
  • 成果が出せるようになる

本番に強くなるためにするべきこと【勝負強さを身につけよう】

スポンサーリンク

ルーティンを確立しよう

イチロー選手のルーティン (Ichiro‘s routine)
boy Baseball
イチロー選手のルーティン (Ichiro’s routine)

屈伸運動、足でバットをコンコン、足場をならし、ヘルメットを抑え、バットをピッチャーに向けて立てる…

誰もが知っている引退したイチロー選手のルーティンです。

このようなルーティンをアスリート以外の方にもぜひ作って欲しいのです。

例えば、プレゼン前には必ず同じ曲を聞く…
商談の前には必ず特別な革靴を履く…

こんなルーティンを作るといいですね!

人間は普段と違うことをすると過剰なストレスがかかります。よほどメンタルが強くないと、そのストレスによってパフォーマンスが下がってしまうのです。

逆にいつもと同じことをすることでストレスレベルが低下するのです。

「いつも」しているルーティンがあればそれを行うことであなたのストレスレベルはスーッと下がっていくのです。

こうなれば、「過剰なストレス」から「適度な緊張感」になります。

適度な緊張感を持つことで自分の最大の、あるいはそれ以上のパフォーマンスを発揮することができるのです。

無理のない範囲でぜひルーティンを作るようにしてください!

スポンサーリンク

完全なる準備をしよう

勝負強い人というのは「準備力」が高い人とも言えるでしょう。

分の中で完全なる準備をすることで本番に一切の憂いなしに臨むことができるというものです。

準備を完全にすることで「自分にはこれ以上できない!あとはやるだけだ!」という気持ちになることができます。

逆に準備が自分の中で不完全だと、勝負の時もそのことについて考えてしまうのです。脳をその勝負にフルコミットできないなんて損でしかないですよね?

さらにはその準備すらもルーティン化することができれば、実際に勝負の時により良い精神状態でその勝負に臨むことができます。

もちろん僕も準備をルーティン化しています。

部の試合前日には技術的な調整と50m走を10本走ります。

そして家に帰ると、必ず湯船に浸かり、洗濯機を回している間に次の日の持ち物の準備をし、翌日の起床時刻から逆算して、7時間半前に布団に入る…

前日の準備だけでもこれくらい細かくルーティン化しています。ぜひあなたもストレスがかからない程度に準備をルーティン化して、完全にそれを遂行するようにしてください。

スポンサーリンク

普段からきちんと努力をしよう

最後にはなんだかシンプルなことを書いてしまいましたね…

本番で自分の力を発揮するにはやはり普段からきちんと努力をすることが必要不可欠です。

そしてこれは自分が勝負弱いと思う人ほど必要なのです。

理由も今までに解説したことと同じ。

「自分はこれ以上できない!」

と思えると脳をその勝負に向けてフルコミットさせることができ、ハイパフォーマンスを発揮することができるようになるのです。

スポンサーリンク

おまけ:緊張をほぐす方法について

このように普段からきちんと努力をして、ルーティンを確立し、完璧な準備をしても勝負どきになると緊張してしまいますよね?

やはり緊張というのは嫌なものです。

そこで緊張をほぐすための方法や思考法をこの記事で解説しているのでぜひこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

さぁ、勝負強くなろう!

いかがでしたか?

これを実践していただければ、確実に本番や勝負の時に自分の最大のパフォーマンスを発揮できるようになるはず。

ぜひ実践してくださいね!

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました