血液型診断はなぜこれほど流行ったのか。【俗説を広めた巧みな発信術を紹介】

大学の心理学

あの人めっちゃまじめだし、絶対A型だろうね~

こんにちはroroです。

世には「血液型性格診断」なるもの、「血液型相性診断」なるものが非常に多くあります。

これは今となっては証拠がないため「血液型と性格に関係性がない」と言われていますが、未だに血液型性格診断を信じてしまい、恋愛や友達との関係構築の参考にしている方もいると言われています。

また、関係が無いと分かっていてもついついこのような性格診断は楽しいので見ちゃうものです。

では、ここで1つあなたに質問します。

「血液型性格診断はなんでこんなに流行ったの?」

これは知らない方が多いのではないでしょうか。

血液型と性格に関係があると最初に提唱したのは能見正比古氏であり、『血液型で分かる相性』(青空出版社 1971)という本で発表されたものでした。

発表するとその本は売れに売れ、メディアに取り上げられ、瞬く間に血液型による性格診断が普及していきました。

ここでさらに1つ疑問が生じます。

証拠が無くて現在否定されているものがどうしてそんなに流行ったのか?」

能見氏は現代では否定されているもののそれなりに統計を取ったり、実験をしたりした上で発表されたとはいえ、そこまでどうして広まったのか。

能見氏の『血液型で人間を知る本』(1979)の中で、巧みな発信のテクニックがあったのです。

もしこれを生かすことが出来れば、より多くの人が影響力を持つことが出来るのではないかと思い、今回は紹介させていただきます。

また今から紹介をする話は大学の心理学の講義内でテーマとなった話の内容です。

大学の教授が説明したこと、心理学専攻である僕がそれを踏まえて分析したものであるので、信頼性は高いと思われます。

この記事を読むことで

  • 発信する際のコツを知れる
  • インフルエンサーになれるかもしれない
  • なぜ血液型と性格の関係が無いと言えるか、理解出来る
スポンサーリンク

人々のニーズに応えるキャッチフレーズ

突然ですが考えてみてください。

「あなたの幸せは何によって手に入りますか?」

昔の人間の幸せは「もの」によってもたらされました。

昔の人間は空腹や、病気、貧困など多くの命の危機があったわけですが、それらは「もの」を手に入れることで解決しました。

空腹には「食べ物」、病気には「薬」、貧困には「お金」を手にすることで命は守られ、幸福感を感じることが出来たのです。

しかし現代はどうでしょう。

少なくとも日本では「もの」に溢れていますね。「もの」が人に幸せを与える時代は終わっているのです。

もちろん『血液型で分かる相性』が発表された頃からです。

そして現代の私たちは「心の豊かさ」が幸せの鍵となっているわけです。

そしてその心の豊かさは大多数の人間にとって「人間関係の良好さ」で示されます。

そこで話を戻しましょう。この本のキャッチフレーズの話でしたね。

そのキャッチフレーズは幸せになる相性の科学です。

人々は「この本を読めば人間関係が良好になって、幸福感を手に入れられる!!」と思ったわけです。

「科学」とか言われちゃうと信じちゃいますしね(笑)

心の豊かさを人々が求めている中でこのキャッチフレーズはその人々の心を掴んだのです。そしてこの本の中身(情報)が一気に広まったのです。

これに習うと、私達は人々のニーズに応える情報を提供すれば影響力を持つことができるということです。

現代はSNSも発達しており、情報発信は容易かつ、広まりやすいので間違いないかと思います。

スポンサーリンク

「当然のこと」を「当然じゃない」ように見せる

これは若干詐欺のように聞こえるかもしれませんね。本の中身を織り交ぜつつ説明していきます。

血液型性格診断では、A型は「生真面目」、「慎重」、「人間関係を重視」、「他人と調和する傾向あり」といった風に書かれているのです。

皆さん1度は聞いたことがあるかと思います。この記事の冒頭のような言葉を聞いたり言ったりしたことがあるのではないでしょうか。

発表当時、多くの人が「うんうん、当てはまる、合ってるなあ」と納得してしまったはずです。

ですが、よく考えてみてください。ここにあげたA型の特徴と挙げられたものは全て日本人の特徴でもあります。

そして、現在、日本人の約38%はA型であると言われています。そう考えると日本のA型の人がこれらの特徴に当てはまる確率は非常に高いですよね。

このように、よく考えると関係があるとは言い難いことを断言することで、多くの人を信じさせ、血液型による性格診断を広めていったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

初頭効果と確証バイアス

実は先ほど紹介したA型の特徴は各血液型の特徴を紹介するにあたって最初に書かれているのです。

ここで概ね読者に「確かに血液型と性格に関係がある!」と思わせることに成功しています。

そこでまずは「初頭効果」が発動します。「この著者は正しいことを言っている」という印象が人々に染み付きます。

さらにその上「確証バイアス」が付きまといます。

確証バイアスとは一度立証されたと思われるものに対してはそのことに対しての反例を探そうとしないということです。

よって「O型は~~です」と言われるとこれに当てはまる人を無意識のうちに連想してさらに信じ込んでしまうのです。

さらにとどめがあるのです。本の中に有名人の血液型一覧があって「ね?性格と一致しているでしょ?」と問いかけているのです。

実際何の証拠にもならないですよね。一致している有名人を抽出しているだけなんです。

でも初頭効果と確証バイアスのせいでそれがこの上ない証拠のように見えてしまうのです。

そう考えるとすごいテクニックですよね。これが悪用されないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

権威付けによる信頼性獲得

この『血液型で人間を知る本』の表紙の扉には「○○推薦!」と書いてありました。

三人紹介されていたのですがそのうち二人は某難関国公立大学の工学部教授メディア露出のある作家の夫人でした。

このような権威のある方に推薦されたら信じちゃいますよね。

このように巧みに自分の論に権威を持たせているのです。作家の婦人に関しては「もっと早く知ればよかったと後悔!」と書いてありました。

人間は物を得る喜び以上に損をすること、後悔することを非常に嫌います

よって地位、権威を持つ人がそんなことを言うと最強の権威付けとなっているのです。このようにして人々は血液型と性格の関係性を信用していったのです。

スポンサーリンク

利用するのもありかもね

いかがでしたが?

このように「血液型と性格は関係がある」といった説が正しいもののように広まっていったのです。確かに証拠のあるものではありませんが、実際、血液型性格診断もなかなか楽しいものです。

これからも楽しく、ゆったりと血液型での性格診断を楽しんでいただければなと思います。

また、血液型診断が広められる際に使われた手法を利用してみてはいかがでしょうか?ポイントは

ニーズに応える、初頭効果、確証バイアス、そして権威づけ

です。お試しアレ!

また現時点でパーソナリティ心理学において最も信頼され、研究現場で用いられるパーソナリティ診断をしてみたい方はこちらをどうぞ!

スポンサーリンク
大学の心理学 心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました