逆境に強い人になる!逆境を乗り越えるメンタルの作り方

スキル・キャリアアップ

逆境に強い人っていいな…逆境を乗り越えられる人になりたい!

本記事では逆境に強い人になり、これから訪れるであろう逆境を乗り越えるのに必要なメンタルの作り方について解説していきます。

心理学的な側面から見た逆境に強い人の特徴。
そして実際に大学にE判定から逆転合格するというまさに逆境を乗り越えた人の特徴。

そして過去の偉人の考え方を紹介していきます。

こんな人に読んで欲しい
  • 逆境に強い人になりたい人
  • 今まさに、ピンチを迎えている人
  • 競争のさなかにいる人

    逆境に強い人になる!
    逆境を乗り越えるメンタルの作り方

    スポンサーリンク

    逆境に強い人の考えかた

    逆境に強い人の考え方には共通点があります。

    それは何か悪いことが起こったとしてもすぐに

    まあ、そんなこともあるよね〜〜

    くらいの感覚で捉えて次に進もうとすることです。

    一見なんとない考え方ですが、この考え方は非常に大事です。

    「塞翁が馬」という言葉を知っていますか?
    古代中国の言葉で、「人生の幸、不幸は予測することができない」という意味です。

    逆境に強い人になるためにはこの考え方が非常に重要なのです。

    「塞翁が馬」の考え方を忘れずにいることで、逆境に立たされてもすぐに次のことに取り組むことができます。

    次のことに脇目も振らず全力で取り組むからこそ、逆境乗り越えることができるのです。

    ぜひ「塞翁が馬」ということ忘れずに生きていくようにしてみてください。

    スポンサーリンク

    正しいポジティブ思考

    逆境に強い人って、どこか楽観的でポジティブな印象がありませんか?

    とはいえ、いつもポジティブな人でも、逆境に立たされるとポキっと心が折れちゃう人もいますよね。

    どうして同じポジティブでもここまで違ってくるのでしょうか?

    それは正しいポジティブ思考ができているかどうかが大切になります。
    ここでクイズです。どちらが正しいポジティブ思考だと思いますか?

    俺なら絶対に〇〇できる能力がある!

    俺は絶対に〇〇ができるまで諦めないぞ!

    答えは下の方です。
    正しいポジティブ思考とは能力ではなく「自分の行動」に対してポジティブなのです。

    能力に対してポジティブになってしまうと、自分にできないこと、乗り越えるイメージが湧かない逆境になると気持ちが折れてしまいます。

    一方、行動にポジティブな人は根拠がなくても気持ちが折れることはありません。

    ポジティブ思考は能力を重視しがちなのですがぜひ、自分の行動に対してポジティブになってみてください!

    スポンサーリンク

    「なんとかなる」精神

    逆境に強い人というのは、「なんとかなるだろう」という楽観的な思考をしています。

    逆に逆境に弱い人というのは「〜〜しないと、ヤバイ!」、「〜〜ならどうしよう!」と考えてしまうものです。

    実際には、逆境こそ、何かにチャレンジして打開策を見出すべきなのですが、それができないため、ずぶずぶと逆境の渦に飲まれてしまうのです。

    一方、「なんとかなるだろう」と考えている人は、逆境でも比較的大胆に行動することができます。

    実際問題、日本で生きていれば餓死する心配もないですし、概ね「なんとかなる」ものです。

    どんな逆境になったとしても、常に「なんとかなる」と思っていただければと思います。

    スポンサーリンク

    今に集中する

    逆境ではいろいろなことに目が行きがちです。

    あのときああしとけばよかった…
    これからどうなってしまうんだろう…

    このようなことを考え続けた結果、目の前にあることにも失敗してしまい余計に傷口を広げてしまうものです。

    しかし、逆境を乗り越えるにはこれではいけません。

    「今」に集中する以外に逆境を乗り越える道はありません。

    実際に、逆境を乗り越えた人というのは、目の前のことに一心不乱に取り組むことができる人が非常に多いです。

    つらい時こそ、逃げることなく「今」を見つめ、今に集中するようにしましょう。

    スポンサーリンク

    逆境の強い味方となる名言

    逆境というのは誰でも不安に感じるものです。
    そこで逆境の強い味方となる過去の偉人のことばを紹介したいと思います。

    不幸がなければ幸福は訪れない、大きな不幸の後には大きな幸福が待っている

    ニーチェ

    ニーチェの「永劫回帰」という考え方です。

    大きな幸福や成功を手にする前には必ずと言って良いほど困難が待ち受けています。

    この逆境を乗り越えれば、見たことのない景色を見ることができると信じてみましょう。

    最悪の状況の中でも人間は希望の糸を紡ぐ力を持っており、悲嘆の中にこそ生に向かって回復する力を持っている

    キューブラー=ロス

    アメリカの精神科医であったキューブラー=ロスの言葉です。

    「死」について考えて放った言葉ですが、逆境でも当てはまります。

    どんなにつらい逆境でも、自分が人間である限り、そこから光を見出して逆境を乗り越える力を持っているのです。

    そう考えるときっとどんな逆境でも頑張れるはずです。

    スポンサーリンク

    逆境に強い人になろう!

    いかがでしたか?

    逆境というのはつらいものです。孤独感や絶望感に押しつぶされそうにもなりますよね。
    しかし、その逆境を乗り越えた先に見たことない景色を見ることができます。

    ぜひ、あなたも紹介したメンタルセットで、逆境の先にあるみたことのない景色を見ていただければと思います。

    スポンサーリンク
    スキル・キャリアアップ
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    roroをフォローする
    スポンサーリンク
    roroLog(ろろろぐ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました