読書が続かない人が本を読み続ける方法【簡単に習慣化】

スキル・キャリアアップ

この記事の内容は動画でも解説しています。
読むのが面倒な方はこちらでどうぞ↓

必ず読書が習慣化する4つの方法【原因別に対策を紹介】

読書で勉強したいのに、読み続けられない…
やっぱり自分は勉強できないんだ…

この記事では読書をしたいのに、続けられない人のために書いています。

読書ができない根本的な理由と、原因別に本を読み続けるための簡単で今すぐ実践できる方法を紹介しています。

こんな人に読んでほしい
  • 本を読みたくても全然習慣化できない人
  • 勉強したい人
  • 読書を難しいことだと思ってしまっている人

    僕自身、もともと読書が苦手で今まで4回読書の習慣化に挫折してきました。
    しかし、5回目にしてこの記事に書いてあることを実践し、完全な習慣化に成功したのです。

    この記事を読むことで

    • 気軽に本を読めるようになる
    • 簡単に勉強できるようになる
    • あなたの知識が広がり、成長につながる

    読書が続かない人が本を読み続ける方法
    【簡単に習慣化】

    スポンサーリンク

    全部読み切る前に飽きる

    本を買ったはいいけど、全部読み切る集中力もないし、萎えてくる…
    さあ!読書を習慣化しようと思って本を購入し、読み始めたはいいけど読み切れる気がしない…

    そんなことがよくあるかと思います。

    実際に僕も500ページを超える本を読んだときはさすがに読むことがしんどく感じる時もありました。

    読書を習慣化することを目標にしているあなたにとって、「最後まで読み切る」ことがどれだけ過酷な道のりか僕は知っています。

    どうすればいいのでしょうか?

    対策①→読むのをやめる

    実は、読み切れる気がしない時というのはシンプルに「その本の知識に興味がない」ということが挙げられます。

    いざ買ってみたはいいけど、思っていたのと中身が違う…

    そんなことはよくありますよね。

    それはあなたがその本に興味がないからです。興味もないのに読んだところであなたの知識には定着しません。すっぱりと読むのを諦めて別の本を探した方が効率的でしょう。

    そんなのせっかく買ったのにもったいない!

    そう思ったらメルカリやラクマで売っちゃえばいいのです。
    話題書だったり新しい人気小説なら定価の70%くらいでも全然売れます。
    「いつか言っていることがわかるかも!」と思うのなら、手元に残しておくのもありですね。

    対策②→読みたいところだけ読む

    これは結構大事なことです。

    読書といって全て読む必要なんてありません。読書の本質は「本から何かを学ぶこと」です。

    つまり、1冊の本から1つでも学ぶことができれば、読書の目的は達成されたことになるのです。

    興味のあるところはじっくりと読んで、興味のない部分はさらっと流して読む

    それでも十分読書の効果はあるのです。一字一句読む必要がないと考えると読書のハードルも低くなりますね。

    スポンサーリンク

    読書をする時間がない!

    本を読みたいけど忙しすぎて時間がない!

    もちろん、ゆっくりと読みたいのに時間がない人もいるでしょう。
    やはり本はゆっくりと腰を据えて読みたいという人も多いはず。何を隠そう僕もその一人です。

    しかし、時間がなくて、ゆっくり読書できないからといって本を読まないのはもったいないですね。

    読書の本質は「本から何かを学ぶこと」
    これを踏まえれば効果的に読書をすることだって可能なのです。

    対策①→目次から気になるところだけを読む

    どの本にも目次がありますよね。

    あなたは本を読むときには前書きを読んで、目次は飛ばして、本編を読み進めるのではないでしょうか?

    時間がないあなたにとってその読み進め方は向いていません。

    そこでオススメなのは、真っ先に目次を見ること。

    目次を見て、気になる章・チャプターをチェックした上でそこから読んでいくようにしましょう。
    そうすれば、あなたが本当に欲しかった情報を優先的に知ることができるため、読書が非常にスムーズになります。

    また、これをするときは興味のない章・チャプターは読まなくてもOKです!

    対策②→強調されている箇所だけ読んでいく

    多くの本では大事なところは太字で書かれていたり、ラインマーカーが引かれていたりします。
    それを活用したものです。

    読み進める際には1語1句読みません。サラサラと「なんとなく」話の内容を頭の中に入れていきます。
    そして本を読んでいると、強調されている箇所は絶対に印象強く目に入ってきます。
    その強調部分を見て「詳しく知りたい!」と思った周辺を熟読するといった方法です。

    この方法では全体的に「何が大切なのか」を網羅的に学ぶことができ、さらにあなたが特に気になっている情報について詳しく知ることができるので非常にオススメできる方法の一つです。

    スポンサーリンク

    本が難しく感じる!

    なんだこれ…どんどん言っていることが分からなくなってきたぞ…

    最初はいいこと書いている本だな〜と思っていても読み進めていると難しく感じてきて、何を言っているか分からなくなる…

    こんなこともあるかと思います。

    僕が初めて『実践 行動経済学』を読んだ時もそんな感じでした。
    結果的に半分以上流し読みをしてたことを覚えています。

    そんな方はぜひ以下のことをお試しください。

    対策①→周辺知識を固める

    ある本が難しいと考えたら、その周辺・土台の知識を固めるようにしましょう。

    例えば僕は『実践 行動経済学』が難しいと感じた理由は心理学の専門用語がわからないこと・投資の仕組みをまったく知らなかったことでした。

    そこで心理学について学び、投資の基礎知識を簡単な本で勉強しました。

    その結果、『実践 行動経済学』で何を言っているのかを理解できるようになり、何一つ苦しむことなく読破することができたのです。

    本が難しいと感じたときは、まずググったり、別の本を読んだりして基礎となる知識を補充することをオススメします。

    対策②→マンガ版を読む

    何度も言っている通り、読書の本質とは「本から何かを学ぶこと」。別に活字じゃなくてもいいのです。

    例えば言わずと知れた全世界で3,000万部売れたベストセラー『7つの習慣』。

    これを全て読もうと思うと560ページを読まねばなりません。相当な読書家じゃないと全て理解しながら読むのはつらいですよね。
    それでも『7つの習慣』から学びを得たいとき、オススメなのがマンガです。

    読書は苦手でも『ドラゴンボール』を全巻読んだ方、『名探偵コナン』を読み続けている方はいますよね。

    マンガを使えば、絵が加わって内容が非常にわかりやすくなります。
    その結果スラスラ読み進めることができるため、結果的に学びを得ることができますね。

    読書は苦手だけど、マンガは好きな方は必ず試してみてください。
    多くの有名なビジネス本がマンガ化しているので活字が苦手な方は要チェックですね。

    スポンサーリンク

    読みたいけど、そんなにお金を出せない!

    もっと読書したいけど、本を買うとお小遣いがなくなっちゃう…

    学生の人や家族のために働くパパさんによくある悩みですね。

    本も無料ではありません。良質な本はそれなりにいい値段がしますし、何冊も一気に買うことは難しいかなと思っています。
    そんな方のための、僕も実践している低コストで本を読み続ける方法を紹介します。

    対策①→フリマアプリの活用

    メルカリやラクマといったフリマアプリを使えば格安で本を手に入れることが可能です。
    今売れている話題書なんかも、300~400円安く買えることが少なくありません。

    さらに読んでしまえばすぐに売ってしまえばいいのです。そうすれば結果的に超低コストで本を読むことができます。

    その売上金でまた本を買うことができるため、本を読み続ける仕組みができるようになりますね。僕がオススメするのは以下のループです。

    フリマアプリで本を2冊ほど購入して読む→2冊売れたら、1冊買えるくらいの値段で出品→さらにもう1冊購入

    現在売れている話題書を新品で購入→読んだら10~30%引きの価格で出品→売れたらその売上金で1冊購入(再現率高)

    この方法を実践すれば、かなりコストを抑えて読書を進めることができますよ!

    対策②→Kindleのサービスを利用

    こちらは長期的に見て超低コストで本を読む方法です。

    それはAmazonのKindle Unlimitedというサービスを使う方法です。

    ※月額980円で和書12万冊以上が読み放題

    ※電子書籍なのでかさばらない

    ※初回30日間は無料

    月額980円で読み放題なので基本的に1〜2冊読めば十分元が取れるようになっています。

    しかも、初回30日間は無料なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

    また、Kindleの本を読むさいはスマホアプリのKindleを使えます。

    目がすぐに疲れてしまうのならKindleを購入することをオススメします。基本的に広告なしのものを購入すれば快適に読書をすることができます。
    文字の大きさも変えれて、反射もしない。紙以上に読みやすいですよ。

    スポンサーリンク

    惰性で読んでいて無駄な感じがする

    本を読んでいてもなんだか学んでいる感じがしないんだよなあ

    本を読んでいて、気がつけば文字をただなぞっているだけ。

    これじゃ読んでも意味ないかと思って読書をやめてしまう。

    あなたもそんな経験をされているのではないでしょうか?そんなあなたは以下のことを試してみてください。

    対策→メモりながら読書

    惰性で読んでしまう人は学んだことをメモしながら読むようにしましょう!
    そうすることで惰性で読むことを防ぐことができます。

    メモは何にしても、どのようにしても構いません。

    スマホのメモ機能でもいいですし、メモ帳やノートに手書きで書くのもよし。僕はA4の白紙を小さく折り畳んで、ペンと一緒に本に挟んでいつでもメモを取れるようにしています。

    内容を書いたり、打ったりするのが面倒に感じるのなら、大切な場所としてページ数や行数を押さえておくだけでもいいですね。

    スポンサーリンク

    それでも本を読むのはしんどい!!という方へ

    ここまで読書の妨げとなる理由と解決策を紹介してきましたが、それでも本を読むのがつらい人もいるはずです。

    そんな方にオススメな勉強方を2つ紹介します。

    オーディオブック

    オーディオブック「本を聴く」ということをテーマにしたサービスで、本の音読を聴くといった形式です。
    これなら、本を開くことなく、通勤しながら、家事をしながら学ぶことができます。

    なんと月額750円で1万冊の本の朗読が聴き放題です!

    初回30日は無料で聴き放題。1度試してみてはいかがですか?

    YouTubeを活用する

    無料でも学ぶことはできます。

    代表的なものでいうとYouTube。ビジネス系の動画では有料セミナーレベルの話を聞くことができます。
    圧倒的にオススメできるのは「マコなり社長」です。一度ご覧になってみてください。

    アドラー心理学「嫌われる勇気」を読むだけじゃ意味がない
    マコなり社長
    アドラー心理学「嫌われる勇気」を読むだけじゃ意味がない

    また、社会人にオススメの勉強になるYouTuberをまとめた記事もあるのでもしよろしければそちらも参考にしてください。

    スポンサーリンク

    学びは人生を豊かにする

    いかがでしたか?

    勉強することであなたの人生はどんどん豊かになり、チャンスは広がっていくはずです。

    ぜひこれを機に読書にトライしてみてください!

    それがダメなら他の勉強方を試してみてください。

    あなたが楽しく学び、成長することでもっと楽しい人生が送れるはずです。

    スポンサーリンク
    スキル・キャリアアップ
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    roroをフォローする
    スポンサーリンク
    roroLog(ろろろぐ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました