動画編集は最強の副業な件【未経験から開始1ヶ月で10万稼げました】

スキル・キャリアアップ
Film maker pointing at the monitor in home office while working on post production for a movie. Video editor wearing headphones.

動画編集は稼ぎやすいって聞いたけど、本当か…?

副業で調べるとかなりの高確率でブログやアフィリエイトと並んで「動画編集」が入ってきますね。

「動画編集は稼げる!というのは先駆者のポジショントークだろ!」

と思っている方も多いのではないでしょうか。
そこでちょうど3ヶ月前に動画編集を開始した僕が動画編集が本当に稼げるのかを解説していきます。

副業を考えている方、動画編集を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

こんな人に読んでほしい
  • 動画編集が気になっている人
  • 動画編集を始めた人
  • 副業似興味がある人
    スポンサーリンク

    【結論】動画編集は”ちゃんと”やれば稼げます

    sign direction success – success

    早速ですが動画編集はちゃんとやれば稼ぐことが可能です。

    実際に僕は全くの素人から動画編集をはじめましたが、たったの1ヶ月で月10万円を稼げるようになりました。

    ではどうして稼ぐことができたのか。それは簡単で”ちゃんと”やったからです。
    その”ちゃんと”とはどういう意味なのかを説明していきます。

    最速で動画編集を学習した

    僕は動画編集を始める際に、最速で学習していった自身があります。

    動画編集には様々な要素が絡んできます。
    ソフトの基本操作、テロップ、カット、効果音、etc…

    これらを独学で、そして短期間で習得するというのはなかなか難しいです。というか少なくとも僕はできないです。

    そこで僕は爆速で稼げるようになるべくMovie Hacksで動画編集を学習しました。

    Movie HacksはYouTube動画編集者として活躍されている生ハム帝国さんが講師の動画編集講座なのですが、動画編集に必要なことは全てこの で学習することができます。

    動画編集などのスキルを学ぼうとするとかなり高額なお金がかかってしまうと思っているのではないでしょうか?
    普通なら10万以上は確実にかかっちゃいますね。

    こちらはMovie Hacksの公式HPから引用してきたものですが、いかにコスパがいいのかがわかりますね。

    なら動画編集だけでなくYouTubeには欠かせないサムネイル制作であったり、簡単な営業方法なども教えてくれます。
    しかも何度でも質問できるので、行き詰まって進めることができない…ということがないです。

    結果的に最速で学習を進めることができます。
    ちなみに僕がを受講した率直な感想や向き不向き、そして受講後から稼ぐまでのフローを公開した記事があるのでそちらも参考にしてみてください。

    お金を払ってでも最速で学習できればリターンも大きくなるので、稼ぎたいなら自己投資だと思って最速学習しましょう。

    実績として見せられる動画を自作した

    動画編集を学習したあと、もちろん僕もお仕事が全くなかったわけです。
    つまり営業していくことが大切になってくるんですね。

    営業していくにあたって大切なのは「意気込み」でも「やる気」でもありません。
    「スキル」です。

    自分ができることを営業先に見せていかないと残念なことに動画編集を任せようとは思ってくれません。
    というか逆の立場で考えれば当然ですよね。

    そこで僕は自作で動画を作りました。
    月10万稼げるようになった僕から見るとあまりにも荒削りで恥ずかしいレベルなのですが、以下のような動画を作りました。

    動画編集・サムネ制作なら「ろろろぐ」へ【視認性抜群の編集・制作】

    荒削りでも「自分はこんなことができる!」ということがわかる動画があれば、十分に営業に使えます。

    同時に仕事がない間は毎日動画を作って以下のようにTwitterでモーメントに残して発信していました。
    これをまとめて見てもらえれば様々な編集が可能だということがわかってもらえますよね。

    プロ意識を持って仕事をした

    僕は大学生なのですが、僕のクライアント様で僕が大学生だということを知らずに僕の動画編集の依頼をしてくれている方はいます。

    それは何も僕が頑なに隠しているわけではなく、プロ意識を持ってクライアント様と接しているからだと思っています。

    発注する側にとって、動画編集が本業だろうと副業だろうと関係ありません。
    大切なのは、動画編集のプロとしてきちんと仕事をしてくれるかどうかです。

    その本質を見失うことなく、一途に質のいい動画を提供し続けることができたからこそ、短期間で月10万円の壁を超えることができたのだと思っています。

    スポンサーリンク

    動画編集界の現状

    metallic trowel and a question mark on a white background

    現在動画編集を初めて早3ヶ月。
    この3ヶ月の間に様々なディレクターさんとお話したり、時にはお仕事を頂いたりしました。

    そのディレクターさんや僕が今の動画編集界隈を見て、感じたことを率直に書きます。
    あなたがもし動画編集で稼ごうと思っているのなら、非常に有用な情報だと思いますよ!

    最低限のマナーを守れる人が少ない

    まさか…そんなやついないでしょ〜〜

    と思うじゃないですか。僕も驚いたのですがこれはガチです。

    実際にディレクターさんと話をした時に聞いたことが以下の通り。逆にこれがクリアできたら動画編集者として稼ぐことは十分に可能だと思います。

  • 納期を守らない。
  • 途中で投げ出す。音信不通になる
  • メッセージへの返信が異常に遅い
  • もちろん他にもいろいろあるのですが、代表的なものだとこういったところです。

    動画編集界隈には多くの方が進出しているのですが、このようにマナーがなっていない方も多いため結果的に

    動画編集を頼みたいけど(ちゃんとした)編集者がいない…

    こんな状態になっています。
    だからこそ動画編集で稼げている人にとっては動画編集は非常にブルーオーシャンですし、情報発信している方が多いということですね。

    逆にしっかりと本業でも十分に通用するようなマナーを磨くことができれば稼ぐことも十分に可能だということです。
    僕ももっと精進します

    稼げる人と稼げない人の差が大きい

    これは本当に顕著に出ていると思います。

    僕は動画編集で月収10万まで届くようになりましたが、ぶっちゃけ動画編集歴が浅い人の中ではかなり稼げている方だと思っています。

    動画編集歴が浅い人で見ると本当に、「月5万以上を稼げる人」と「1円も稼げない人」の二極化されていると思います。
    大きな理由としてはやはり、先程書いた「マナー」によるものだと思います。

    しっかりしている人にはちゃんと案件が回ってきて、どんどん稼げるようになる…
    逆に残念な人は案件をもらえないので全く稼げない…

    これを裏返すと、0→1にすることができれば稼ぐことができる可能性が十分に高まるということです

    スポンサーリンク

    始めるなら、一気に習得しよう

    先程も言った通り動画編集界隈はまだまだブルーオーシャンです。

    動画編集始めたての頃は超レッドオーシャンに感じましたが、今となっては月5万くらいを稼ぐならブログやアフィリなどに比べると超ブルーオーシャンだと思っています。

    そんなブルーオーシャンに進出したいと思っている方も多いかと思います。
    動画編集を始めるなら初速で全力を出したほうが間違いなくいいです。

    Movie Hacksなら、自分のペースで動画編集を学習できるため、かなり早いスピードで動画編集を習得することができます。

    料金は69,800円ですが、案件を取り始めてからたったの3週間で元を取ることができました。
    なんならお釣りが来ます。

    爆速で学習し、爆速でアウトプットすることが稼ぐことの近道なので、動画編集をされる方はで一気に学んでしまうことをおすすめします。

    スポンサーリンク

    動画編集はチャレンジする価値ありです

    いかがでしたか?

    動画編集にチャレンジする価値は大いにあります。
    確かにぱっと見はレッドオーシャンですが、しっかりとスキルを身につければブルーオーシャンであると考えられています。

    先駆者も多いのでMovie Hacksのような学習環境もそろっています。
    ぜひチャレンジしてみてください!

    動画編集について相談があればTwitter(@roroprog)もしくは、Gmail(pgbb.oklock@gmail.com)まで!
    お仕事の相談もこちらからお願いいたします。

    スポンサーリンク
    スキル・キャリアアップ
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    roroをフォローする
    スポンサーリンク
    roroLog(ろろろぐ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました