【完全食】「ベースフード」のパンとパスタを完全解説

roroの雑記

【完全食】「ベースフード」のパンとパスタを完全解説

今、密かに話題になっている完全食の「ベースフード

この「ベースフード 」から出ている「ベースヌードル」と「ベースブレッド」の栄養価・味、そして率直な感想をすべて記します。

一食で1日に必要な栄養を摂取できる「完全食」のベースフード を紹介します。

これを読めば、実際の利用者から見たベースフード の全てがわかるはずです。

この記事を読むことで

  • 完全食とは何かがわかる
  • BASE FOODの概要がわかる
  • 利用者からみたBASE FOODの全てがわかる
スポンサーリンク

完全食・ベースフードとは?

お得なベースフードスタートセットを実際に購入!

ベースフードは主にパンと、麺による完全食を販売しています。

「かんたんで、美味しくて、からだにいい」食生活

を提供しています。

ベースフードでは、「食生活のベース」を作ることを目指しており、1日に3食ベースフードを食べることを前提にしているのではありません。

そのうち1日の1食をベースフードに置き換えることで栄養バランスをとることをオススメしています。

そのため、パンも麺も、非常にアレンジしやすいシンプルな美味しさとなっており、自分で様々な味付けを楽しみつつ栄養バランスを整えることができるのが特徴です。

同じ完全食メーカーの「COMP」や「Huel」はドリンクや粉末の完全食がメインになっており、料理に取り入れることができません。

このベースフードの完全食なら、料理に組み込んだり自分好みの味付けをすることができるため、飽きることなく食べられるのが最大の強みです。

もちろん、パンはすぐに、麺も3分茹でるだけで食べられるという点も大きな強みですね。

スポンサーリンク

ベースブレッド(パン)について

1食分がカバンにも入れやすいお手頃なサイズ

このような袋に下のようなてのひらサイズの可愛らしいパンが2つ入っており、この2つで1食に必要な栄養素を摂ることができるようになっています。

思ったよりも小さい、でもこれ2つで栄養はバッチリです

栄養価について

引用:BASE FOOD公式HP

このベースブレッドの栄養価を見てみましょう。これはBASE FOODの公式HPから引用してきた画像です。

日本人はカルシウム・鉄・亜鉛といったミネラルが不足しがちです。

そのカルシウム・鉄・亜鉛すべてにおいて1食の推奨摂取量を満たしています。

また、ミネラルとともに不足しがちと言われている食物繊維も6.8g含まれています。

推奨されている1日の食物繊維量が約24gと言われています。

ベースブレッドだけで1食分の食物繊維の量を摂ることはできませんが、不足を補うには十分な量が入っていますね。

原料・味は?

食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富に入っている全粒粉や「栄養の宝庫」として呼び声の高いチアシード、昆布など10種類の原料をブレンドしたものになっています。

小麦粉ではなく全粒粉がメインのため、糖質も非常に控えめになっています。

また、自然なおいしさをモットーとしているため、合成保存料や合成香料、着色料も含まれていません。

非常に安心して食べることができます。

ここまではいいところずくめ、気になるのは味だと思いますが、

控えめに言っても、めちゃくちゃ美味しいです

小麦の素朴な甘みがします。噛めば噛むほど味が出ますし、ブレンドされたチアシードのプチプチ感がどことなく楽しく、よく噛む癖がつきそうになります。

1分オーブンすると美味しくいただけるとパッケージやHPにも書いていますが、正直焼かなくても十分に美味しいです。

僕は1袋、部活や外出に持っていって小腹が空いた時や昼食をとる時間がない時に食べるようにしています。

家で食べるならお好みでバターやマーガリンをつけたり、ジャムをつけたり、スープにディップしたり…

自然由来の優しい味なのでどんなひと手間をかけても美味しくいただくことができます。

また、水分で膨らむとされているチアシードが入っているので腹持ちも非常にいいですね。女性なら満腹になるかもです。

これで1食あたり390円は破格です。

スポンサーリンク

ベースヌードル(麺)について

ベースヌードルとソースです

このように袋に入っており、乾麺のように3分茹でて食べる感じです。

また、僕は別売のソースも購入しました。別売りのソースセットでは

  • ボロネーゼソース
  • 中華風あんかけソース
  • 玉ねぎとアンチョビソース
  • 台湾まぜそばソース

が入っていました。

栄養価について

ベースヌードルの栄養価を見てみましょう。こちらもベースフードの公式HPから引用してきました。

ベースブレッドと同様に不足しがちなカルシウム・鉄・亜鉛といったミネラルを十分に摂ることができます。

ベースヌードルの食物繊維量は8.2gとなっており、1日に必要な食物繊維量の3分の1の量を摂ることができます。

タンパク質も30gを超える量が入っており、ほぼ完璧に栄養を摂ることができますね。

原料・味は?

これはボロネーゼソースを使用。めちゃうまです

ベースブレッドと同様に食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富な全粒粉を中心に作られており、大豆などの10種類以上の食材が練り込まれています。

もちろん合成着色料・合成香料・着色料も含まれていません。

麺は全粒粉独特の色をしています

この色を見るとどうしても味が気になるところですね。

麺を沸騰した湯でたった3分、茹でた後に、ボロネーゼソースを使ってパスタにして食べましたが、麺が独特な味だとは全く感じませんでした。

とても美味しかったです。

ただ、全粒粉ベースのため本来のパスタなどの麺のようなモチモチ感やのど越しはありません。どちらかというと「そば」に近い食感です。

麺自体に味のくせがないため色々な麺料理の麺として使用することができそうです。

こちらも1食あたり390円。素晴らしいコスパです。

スポンサーリンク

注文のしかた

基本的にはベースブレッド・ベースヌードル・そして各種おすすめトッピングを単品で注文することも可能です。

しかし最初は継続コースである「BASE FOODスタートセット」を購入した方が圧倒的にお得です。

セット内容は

  • ベースブレッド 4食
  • ベースヌードル 4食
  • ベースブレッドおすすめトッピング
  • ベースヌードルソース

です。

これだけ詰まって、初回は通常価格3,120円のところ、送料・税コミコミで2,060円で購入することができます。

また、この継続コースでは1ヶ月ごとにこのセットが送られてくるのですが、常に20%オフの価格(およそ2,500円)でこのセットを購入することができます。

最初から継続コースはちょっと…

と思った方もご安心。

この継続コースはいつでも辞めることができますし、あまりベースフードを食べなかった翌月は購入・配達をストップすることができます。

スポンサーリンク

ベースフードで生産性UP

いかがでしたか?

僕たち現代人は常に栄養バランスが偏っていると言われています。

そんな中、ベースフードを利用すれば、短時間で、手軽に栄養バランスを整えることができ、体調を維持することができますね。

さらに食事や料理の時間を大きく短縮できるため、その分自分の時間を作り出すことが可能になります。

ベースフードは時間がなくて困っている、栄養のことを考えている、自分の時間がもっと欲しいあなたの大きな手助けになってくれるはずです。

スポンサーリンク
roroの雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました