嘘を見抜く15の方法!【嘘をつく理由も解説!】

心理学

話している相手の嘘を見抜きたい!
簡単に嘘を見抜く方法ってないの?

あなたは思ったことがあるはずです。「どうにかしてこの嘘やお世辞を見抜くことはできないだろうか…
実際は十分に可能です。

人間は全身を使って情報を発信しています。そして嘘をつくときにそれを完璧にコントロールすることは極めて困難ですし、普通の人間にできるような技ではありません。

そこで今回は嘘を見抜く方法を解説していきます。どれも全て比較的意識すれば簡単にできるものとなっています。そしてここで解説するものは全て心理学の領域で実証されたものですので信頼していただけるかなと思います。

この記事を読むことで

  • 嘘を見抜く方法を知ることができる
  • お世辞に振り回されなくなる
  • 信頼すべき人を正しく選別できるようになる

嘘を見抜く15の方法!【嘘をつく理由も解説!】

スポンサーリンク

そもそも人はどんな時に嘘をつくのか

嘘を見抜くためにいつでも気を張って相手を観察していては気が参ってしまいます。そこで人間はどんな時に嘘をつくのかを知りましょう。主に7パターンあります。

※いいからさっさと嘘の見抜き方を教えろ!!という方は読み飛ばしていただいて構いません

予防線

最も多い嘘のパターンです。予想されるトラブルを避けるべく嘘をついてしまうと言うものです。

例えば、ある人と待ち合わせをしていて、電話で「何分後くらいに着く?」と聞かれて、実際は15分くらいで着くのに、渋滞や万が一のことを考えて「30分後くらい」と答えたりすることです。これは予防線の嘘にあたります。

その場逃れ

本当はしていてることに対して「していない」と答えて、あるいはその逆をしてその場しのぎをしようとしている嘘です。親に「宿題した?」と聞かれて、適当に「した」と答えた経験は誰にでもあるはずです。

これはその場逃れの嘘と言えるでしょう。

合理化

女性に多くみられる嘘の1つです。約束を守れなかったりした時に着く嘘です。
これは自分が嘘をついていると言う実感が少ないため「言い訳」とも捉えられたりします。
自分の過失に対してもっともらしい理由をこじつけています。

超絶イケメンに振られて、その後優しいけど顔は普通くらいの人と付き合って「性格が一番だからこの人の方が良かった」と後から言うのは完全な合理化の嘘と言えるでしょう。

利害に関わる嘘

男性に多くみられる嘘です。金銭などが絡んでいて、自分の都合のいいように仕向けるです。

悪質な営業などでもみられます。「今のままではだめですよ!」と相手を煽っておいて商品を買わせるような営業が言う嘘もこの利害に関わる嘘と言えます。

また、上のものほど悪質ではないものの、出世のために好きでもない上司と仲良くすることも一種の利害に関わる嘘といえます。

思いやり

これも女性に多くみられる嘘です。

真実を突きつけると相手が傷つくと思われる際につく嘘です。あまり服が似合っていないのに「すごい似合っているよ!」と言う人ですね。このような嘘だけは見抜きたくないものです。

甘え

自分のことを感情的に捉えて欲しかったり、擁護してほしい際につく嘘です。合理化の嘘としても捉えることができます。

能力・経歴

自分の能力や経歴を実際よりも高く言う嘘です。

簡単にいうと「見栄をはる」ということですね。男性に多いのですが、女性にも近年見られるようになったと言います。女性の場合は逆に能力や経歴を低く言うことが多くなっています。


これらが嘘をつく7つのパターンです。このような話題が出るような会話の時にこれから解説することを注意していただければいいかと思います。

スポンサーリンク

表情から嘘を見抜く!

ここでは表情から相手の嘘を見抜く方法を紹介していきます。どれも簡単にチェックできるものですので、次の会話から実践していただければと思います。

目線の動きで嘘を見抜く

目線の動きを見ることで簡単に嘘を見抜くことができます。

話している時に右上(向かって左上)を見ている人は嘘をついている可能性大です。
少なくとも言っていることは事実や過去の経験ではありません。

なぜなら人間はイメージや考えの種類によって見る方向が変わってくるのです。

そして右上を見るときは「実際に経験したことのないもの、あるいは妄想」をイメージしています。これらのことをイメージしながら話すことは概ね嘘であることは明らかです。

逆に実際に経験したことを思い出そうとする際は左上(向かって右上)に目線がいきます。

目の泳ぎ方で嘘を見抜く

目が頻繁に左右に動く人、逆に極端なまでにこちらとアイコンタクトを取ってくる人は嘘をついている可能性が大きいです。

目が泳ぐと言うのは、罪悪感を感じていたり、相手との対峙に緊張していることを表します。

また逆に極端にアイコンタクトを取って、目線がブレない人も、「こちらは堂々としている=本当のことを言っている」と言うことを意図的に表しています。

実際に本当のことを言う人は「目があったり合わなかったりして、目線が安定的に移り変わる」と言われています。

目を合わせると言う行為は動物的には「威嚇」の行為です。それをし続けることは潜在的にストレスを感じるので、普通の会話程度なら、目線がそれることが普通なのです。

まばたきで嘘を見抜く

まばたきの回数も嘘を見抜く手がかりとなります。

まばたきが多いと相手は緊張や不安を感じており、嘘を言っている可能性が高いと言えるでしょう。と言っても毎秒何回ということを数えることは現実的に不可能ですよね。

そこで1つの基準をお伝えします。それは「連続的に4回以上のまばたきをする」ということです。

人の平均のまばたきの回数は3秒に一回程度です。

つまり、実はそこまで絶え間無くまばたきをしているということではないのです。
なのに連続的に4回以上のまばたきと言うのはあまりにも不自然ですし、緊張や不安を感じていることがわかるかと思います。

また、1秒以上目を閉じ続けると言う仕草も嘘をついている可能性が高いです。

目を瞑ることで思考を巡らせたりしている可能性が高いです。
こちらも会話の最中で頻繁に見られたら要注意ですね。

笑顔を見て嘘を見抜く

嘘をついているとき人はどんな表情をするのでしょうか。

人は嘘をつくとき笑顔が増える傾向があります。
理由としては「ばれたくないから」、「嘘をついている罪悪感によるストレスの緩和」など様々なものが挙げられます。

人間の顔というのは縦に三分割することができます。そして本音を言っているときは、この3つが調和して動くのです。

一方、嘘をついていたり、意図的に表情を作る時にはこの3つがうまく噛み合わないのです。

笑顔を作る時人間は口角を上げることは容易に可能です。

しかし「目尻にシワを寄せること」は結構難しいですし、作った笑顔には見られないです。
よって目尻にシワが寄っていない笑顔は作り笑いとして捉えるのがいいでしょう。

そして話している内容が嘘であることを疑うべきです。

口の仕草から嘘を見抜く

口周りの仕草にも嘘を表すものがあります。

人間というのは嘘をつくと罪悪感を感じ、緊張や不安を覚えます。緊張や不安を覚えると唾液の分泌量が減少し、口の中や唇が乾いてくるのです。

それを不快に感じるため、嘘をついているときは唇を舐める仕草が多くなります。

もしくは唾液を出そうと口をすぼめたり、口の中で舌を回すなど、唾液の分泌を促進するような仕草を見せます。

これらの動作は話している中では本来、あまり見られない動作ですのでこれを確認したら嘘を疑うべきでしょう。

スポンサーリンク

発汗から嘘を見抜く

これは正直人それぞれなのです。不安や緊張を感じることで交感神経が優位になり、心拍数が上昇します。そして血管が拡張され、暑く感じて発汗するのです。

それが人によっては顕著に現れます。そこまで暑くもないのに、話していて額や首筋に汗をかきつづけている人はかなりの可能性で嘘をついているでしょう。

スポンサーリンク

体の動きから嘘を見抜く

次に体の動きから嘘を見抜く方法を解説していきます。実は表情以上に体を見た方が圧倒的に嘘を見抜くことが簡単なのです。その証拠を紹介したいと思います。

体を見た方が嘘を見抜きやすい証拠

表情の研究で非常に有名なエクマン、フリーセンよる実験を紹介したいと思います。


被験者には嘘をついている人の動画を見せます。また、被験者は3つのグループに分かれてもらい、1つのグループには音声+顔のみの映像、1つのグループには音声+首より下の映像、そして最後のグループには音声に体全体の映像を見てもらいます。

顔だけのグループや全身を見たグループはその人が嘘をついているにも関わらずその人の印象を聞かれると「友好的」、「活発」というような答えをしました。一方、体だけ見たグループは「神経質」、「緊張してそう」といった印象を受けたのです。


これは顔以上に体がその人の感情を表しており、嘘を見抜くには顔以上に体を見た方が簡単であることを示唆しています。

そして人間が嘘をつくときの体の動きというのは長年の心理学の研究の甲斐もあり、明らかになっているのでそれを解説したいと思います。

手の動きで嘘を見抜く

手は観察しやすく、なおかつ嘘をついているサインが多く発せられます。そのサインを解説していきます。

手を隠して話すときは嘘

ポケットに手を入れたり後ろに手を回して手を隠す動作は嘘をついているサインと言えます。手を隠すという動作は相手に対して警戒心を抱き、拒絶を表す仕草でもあるのです。

話している最中にこのような仕草をしたり、普段はそんな癖がないのに手を隠す仕草をしたときは嘘をついていることを疑うべきでしょう。

また、てのひらを見せる相手というのはその人とって信頼できる人であると言えます。なので手のひらをが見えるようなジェスチャーで話している人は本音を言っていると考えるといいでしょう。

そう考えれば手のひらを差し出す「握手」は相手との関係背を築くのにはぴったりだということですね。

顔に触れながら話すときは嘘をついている

鼻や口を触りながら話している人は嘘をついている、もしくはやましいことがあると考えていいでしょう。
これは緊張や不安を感じた時に自分を触ることでストレスを緩和させる「自己親密行動」というものの一種です。

今までも申し上げた通り、人間は嘘をつく際に罪悪感であったりストレスを感じます。そのストレスが自己親密行動に表れるのです。

話している最中に仕切りに顔の一部に触ったり掻く仕草が見られた場合は嘘をついていたり何か隠し事をしていることを疑うべきです。

首を隠しながら話していたら嘘

先ほども紹介した、緊張や不安を感じた時に起きる「自己親密行動」の一種です。

そしてその際に体の急所、主に首であったり胸のあたりを隠している場合はかなり疑わしいものです。というのも、どうやら人間はストレスを感じた時に自分の急所を無意識のうちに隠してしまうのです。

逆にリラックスしていたり、相手のことを見下しているときは急所を見せる仕草を見せます。相手を見下す時に顎を上げて首を見せるような仕草をイメージしていただけるとわかりやすいかなと思います。

話を戻します。この仕草が現れた時は相当なストレスがかかっているので、先ほど解説した嘘を見抜く仕草である「目が泳ぐ」、「視線が右上にいっている」という動作も一緒に現れます。これらの仕草と同時に見られたら要注意です!

スポンサーリンク

下半身の動きで嘘を見抜く

手に嘘のサインが出るならもちろん足にも出ます。そして足に注意を置いて嘘をつく人なんてまずいません。なのでぜひ可能なのであれば下半身の動きにも注目していただければと思います!

動きが活発になる

座っている時、立っている時共通です。

下半身の動きが活発になっているときは嘘をついている可能性があります。

代表的なものでいうと貧乏ゆすりです。
癖になっている方はもしかしたら違うかもしれませんが、そうでない方は嘘をついていなくてもなにかやましいことがある可能性があります。

また、椅子に座りなおしたり、足を組み替えたりする動作をしきりにしている時も同じです。下半身は多くの人が意識しない分、その人の動揺や不安が滲み出てしまうのです。

つま先の向きに注目

親しみを感じる相手や「話を聞くに値する」と感じる相手にはつま先を相手の方向に向けて会話をするのです。

あなたが話し慣れた相手と話していて、つま先が不自然に別の方向を向いている時はもしかしたら、そのとき、なにか嘘をついているかもしれません。

その場から離れたい」という焦りがそこに出ているのです。
顔や胴体はこちらを向いている、でもなぜかつま先は別の方向を向いている時は要注意ですね。

スポンサーリンク

話の構成から嘘を見抜く

これは難易度は少し高めですが、話の構成から嘘を見抜くことも可能です。

そして嘘を見抜くプロフェッショナルは巧みな話術で嘘特有の話の構成や矛盾点を引き出していくものです。

そのレベルに達することは困難を極めますが、比較的簡単な判断基準もあるので軽く解説していきます。

話が時系列に進む

人間は何か出来事を話す際に「感情が動いた順番に話す」と言われています。
つまり時系列で話されることは稀であるということです。

というのも感情は記憶と密接につながっており、会話の際も思い出された順で話を構成していくからです。

嘘というのは基本的に感情が動かずに論理的な文体となります。よって話が淡々と時系列に進んでいくのです。普段の会話の中でやけに綺麗に時系列で話を進めてきた時には注意が必要です。

話が簡略かつ短い

嘘をついている時は話が簡略化され、なおかつ短くなる場合がほとんどです。

なぜなら、余計な情報を与えて矛盾点を出したくないという気持ちが働き、そして本能的に長時間嘘をつき続けるというストレスを避けようとするからです。

もちろん話に盛り込まれていると、その見分け方は難しいですが、情報をあまり与えたくないので、ある程度言うことが限られてきます。

「なんかさっきから同じようなことしか言ってないな」と感じた場合は嘘を疑うべきですし、場合によっては問いつめる必要もあるでしょう。

スポンサーリンク

「嘘を見抜く」まとめ

いかがでしたか?

もちろん一口に嘘と言っても悪いものばかりではありません。

しかし、嘘をつかれるのは嫌だと考えるのが人間というもの。
信頼できる人間を正確に区別できる能力はこの社会を生きていく上で必要不可欠であると考えます。

この記事がその能力を磨く一助になればいいかなと思います。

嘘を見抜くにも様々な方法があります。もちろん全ての方法を実践するのは困難極まりありません。どれか1つだけでも覚えておいて実践してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました