朝スッキリ起きるためにするべき6つのこと【早起きでもスッキリ】

roroの雑記

朝がしんどいなあ…朝スッキリ起きれたらいいだろうな…

本記事では朝がしんどく感じてしまっている人がどうすれば朝、スッキリと目覚めることができるかということについて紹介しています。

紹介する方法は個人差があるものが多いですが、必ずあなたにあった方法があるのでぜひ実践してみていただければと思います。

朝スッキリと目覚めることができれば、朝の始動が早くなるのでかなり1日のクオリティが上がりますよ!

この記事を読むことで
  • 朝スッキリと起きる方法がわかる
  • 睡眠の質を高める方法がわかる
  • 1日のクオリティを高めることができる

    朝スッキリ起きるためにするべき6つのこと
    【早起きでもスッキリ】

    スポンサーリンク

    睡眠の質を高める

    まず確認して欲しいものはやはり睡眠の質。

    睡眠の質が悪いと、疲れが取れなくなってしまうので朝の目覚めも必然的にスッキリとしなくなってしまう。

    そこでここでは睡眠の質を簡単に高めることのできる方法を紹介しよう。

    寝る前は頭を使わない

    寝る前に頭を使う作業をしていませんか?

    寝るギリギリまで頭を使う仕事をしたり、勉強をしたり…

    スマホのゲームなど、手元を集中して動かすことなんかも意外と頭を使っています。

    寝る前にこのような頭を使うことをしていると、脳が覚醒してしまうため、入眠に悪影響を与えます。

    入眠時間は睡眠の質を決定づける大切な時間なので、まずは寝る30分前は頭を使うようなことをしないほうが絶対にいいです。

    寝る前は小説を読むなど、受動的に楽しめるものをすることをオススメします。

    寝具を見直す

    寝ている間の姿勢は睡眠の質に大きく作用します。

    ベッドが沈むべき箇所で沈み、しっかりと支えるべきところで体を支えないと、体に負担がかかるため睡眠の質がかなり落ちてしまいます。

    朝起きたら腰・首が痛い…

    そんな人はそもそもベッドや枕が体に合っていないということがよくあります。

    その場合、寝具を変えるだけで簡単に睡眠の質を爆上げすることすらも可能になります。

    とは言ってもそんなに高い寝具でなくても大丈夫です。

    このマットレスは1万円程度で買うことができますが、程よい硬さで、コイルの量が多いため、適切に体を支えてくれるので非常にオススメです。僕も愛用しています。

    このマットレスに関しては僕が使ってみた感想を書いているので気になった方はこちらも読んでいただければと思います。

    安いマットレスの寝心地は?1万円のマットレスが最高な件。

    枕についてもいい枕を買おうとしたらかなりお金がかかるのではと思っている人が多いかと思いますが、意外と安く買えるいい枕もあります。

    【アイメイドシリーズ】なら1万円以内で買える、首を正しい位置に整えてくれる枕があるので検討してみてはいかがでしょうか。

    また、睡眠の質を高めたい方はこちらの記事で詳しく紹介しているので合わせてこちらもご覧ください。

    睡眠の質を改善する方法(睡眠研究の最前線によるススメ)

    スポンサーリンク

    ブルーライトをうまく活用する

    ブルーライトが睡眠に悪影響を与えるという話は何度も聞いたことがあるかと思います。

    実際にブルーライトは非常に強い光であるため、ブルーライトを浴びることで脳が覚醒状態となり、睡眠の質が下がるということがよく言われています。

    それを逆手にとれば、朝にブルーライトを活用すれば脳を覚醒状態に持っていくことが可能だと言うことです。

    実際に、アスリート界では控え室にブルーライトを浴びることができる場所を設置して、脳を覚醒状態にして集中力を高めようとしているという実践例もあります。

    朝起きてからのルーティンの1つにPCを使ったことであったり、スマホでニュースを確認するといったブルーライトを浴びる行動をすればきっと朝起きてすぐの覚醒度が高まり、スッキリするはずです。

    僕は朝起きたらとりあえずヤフーニュースを見るようにしています。
    ニュースに目を通し終える頃にはスッキリと目覚めていることが非常に多いので結構効果は高いかもですね。

    スポンサーリンク

    光によって起きるようにする

    あなたは決まった時間に起きなければいけない時、目覚まし時計を使っていることと思います。

    いつも目覚ましの音が聞こえて、なんかボーッとしながら起きていることでしょう。

    実は人間にとって音で目を覚ますと言うのはあまり体に適していないのです。
    なぜなら、はるか昔人間は太陽の光を浴びて、それに気がつくことで起きていたからです。

    つまりできる限り光で目を覚ますことができればかなりスッキリとした目覚めをすることができることができます。

    そして近年は光で目を覚ますことができる目覚まし時計も発売されています。

    この商品はかなりの強い光を発するのでしっかりと目覚めることができますし、光だけじゃ怖いという人のために音のアラーム機能も搭載されています。

    これで4,000円程度なのでぜひ1度試してみてください。

    スポンサーリンク

    温かいものを飲むようにする

    朝起きてから、口にしているものを思い返してみてください。

    温かいものを口にしていますか?

    実は人間は深部体温と表面温度の差が大きければ大きいほど覚醒状態に近づくと言われています。

    朝起きた状態は眠いですよね。と言うことはこの深部体温と表面温度の差が小さくなってしまっているということです。

    起きてすぐは深部体温の温度が低くなっているといくことです。だからこそ、朝に温かいものを口にすることで目を覚ますことができるのです。

    多くの人はホットコーヒーなどを飲むかと思いますが、実は起きてすぐのカフェインは体のストレスレベルが上がってしまうのでオススメできません。

    理想はコンソメスープや味噌汁などのスープ系です。
    朝食が一気に充実して、朝のテンションも上がるのでいいですよ!

    今ではインスタントで簡単に飲めるのでぜひ1品追加してみてください。

    スポンサーリンク

    前日になるべく準備を済ませておく

    小学生みたいなこと言うなあ…

    と思った方も多いかと思いますが、これだけでも意外と朝の気分を今と比べて高めることができます。

    睡眠をしっかりと取れていることを仮定すると朝起きるのが面倒なのって、結局は朝はバタバタしてしまうストレスフルな時間だからという人は多いはず。

    朝の準備をなるべく少なくすることで簡単に朝のストレスを減らすことができるため、朝をスッキリとした時間にすることができます。

    ぜひ1度、初心に戻って実践してみて欲しいです。きっと朝の時間が大きく変わってくるはずです。

    スポンサーリンク

    朝食を美味しくする

    あなたの朝食はおいしいですか?

    朝食がおいしいというだけで朝に楽しみを1つ作ることができます。

    想像してみてください。
    旅行先のホテルでの朝の目覚めはなんだかいい気分がしませんか?

    「旅行だからだろ」と思う方がいるかと思いますが、ホテルの朝食が楽しみだと思っている人も多いのも事実です。

    朝食の美味しさというのは朝のスッキリ具合に大きく影響します。

    ぜひワンランクほど、朝食を充実させませんか?
    自分の好きなものをたくさん食べることができる朝にすればきっと朝もスッキリするはずです。

    ちなみに僕はカリカリのトーストにピーナッツバターをたっぷりと塗ったものが大好きなので毎朝の楽しみになっています。

    「あれ食べたいから起きよう!」と思える朝食を模索しましょう。
    先ほど紹介した「前日に準備を済ませておく」ということをしておけば比較的朝の時間に余裕ができるので可能です。

    スポンサーリンク

    朝をより良い時間にしよう!

    いかがでしたか?

    朝をより良い時間にすることができれば、1日をより濃密なものにすることができます!

    ぜひこの記事に書いたことを実践して、毎日を充実させてくださいね!

    スポンサーリンク
    roroの雑記
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    roroをフォローする
    スポンサーリンク
    roroLog(ろろろぐ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました