『日本再興戦略』をかじってみよう【日本はオワコンじゃない】

roroの雑記

少子高齢化!日本はオワコン!
古臭い!日本はオワコン!

こんにちは、roroです。

2chの創業者西野ひろゆきさんが『このままだと日本に未来はないよね。』を刊行したように、日本の未来に危機感を抱いている方は多いかと思います。

しかし、日本もイノベーションによって再興することができると論じているのが研究者の落合陽一さんです。

その落合陽一さんの著書『日本再興戦略』の内容のなかで非常にわかりやすく、僕が個人的に印象に残った内容を紹介していきます!

この記事を読むことで

  • これから世界が進む道がなんとなくわかる
  • これからのITの進化がわかる
  • 日本がどうすべきかがわかる

『日本再興戦略』をかじってみよう【日本はオワコンじゃない】

スポンサーリンク

「欧米」概念を捨て、脱西洋を目指す

そもそも「欧米」とは「ヨーロッパ」と「アメリカ」を混合した考え方です。同じように見えて文化や考え方が大きく違うこの2つを同室のものと考えることを捨てるべきだと言います。

そして、日本は西洋化によって急進的に発達してきましたが、その方法を捨てるべきだと言います。そして東洋人に染み付いている価値観に適応させる必要があるのです。

つまり、高度経済成長期の集団(マス)を重視する考え方でも、現代の個人を重視する考え方でもない

「コミュニティ」

を重視するべきなのです。

例えば、現在の企業。一度入れば基本的には1つの会社のために自分のスキルを使います。

しかし、横のコミュニティを広げ、もっと企業をオープンにすることで複数の会社で活躍するような有能な人材が出てくるかもしれません。

そうすれば雇用が流動化します。そうすれば少なくて貴重な若い世代の人々が自分が最も価値を生み出すことができる働き方をすることが可能になってきます。

他にもたくさんの例が挙がっていました。東洋の思想に適合し、これからの時代の流れにも適応する「コミュニティ」重視の社会を形成するべきなのです。

スポンサーリンク

ものづくりをもっと重視すべき!

江戸時代は身分制でした。士農工商の順で身分が高かったと言います。

なぜこの順番なのか?現代だけ見れば、商業を生業とする人の権利は工業や農業の従事者よりも高いように思えます。

理由は、「重要な価値を生む」順番だからです。

「士」は政治上で制作等を作ります。「農」は実際に食糧などを作ります。そして「工」は伝統工芸品などを作ります。しかし「商」はなにも生み出しません

そして、現代でもこの順番で産業を重視するべきだと言います。価値の創造こそが大切なのです。

また、個人一人ひとりが社会に価値与えていく人になる必要があります。そのために生業を複数持つことが大事になるのです。

これからは何個も副業をして、情報でも、物でもいい。なるべく多くの価値を作れる人にならねばならないのです。

しかし、こう思うはずです。

「ものづくりをしたところでお金にならないし生活できない!」

この課題はこれからのIT技術。5Gによる様々なもののオンライン化が手助けするのです。

オンラインでのものの売買はもちろんのこと、AIによるメンションなどによってものづくりによる生業はどんどん重宝されることが考えられます。

スポンサーリンク

ワークアズライフ

今まで仕事と私生活のバランスを図ることでストレスを軽減する「ワークライフバランス」を重視されてきました。

そのために残業時間の制限が設けられ、休みの基準が設けられるようになってきました。

その考え方は非常にいいことだと思います。日本の「過労死」対策にもなっているかもしれません。

しかし、実際に大切なのは勤務時間ではなく「勤務によるストレス」です。極端な話、楽しい仕事なら残業も苦にならない。

そこで、仕事が生活に溶け込んでいる「ワークアズライフ」を目指すべきであると言います。

これを実践している代表格が農家の人たちですね。農家の方々は生活の中に農作業という「仕事」が組み込まれています。

もちろん大変な思いをしてらっしゃるかと思いますが、あれくらい生活の一部に仕事が染み込むようになることがベストなのではないでしょうか?

実際に現在、YouTube業界で活躍している人たちも生活の一部に撮影という「仕事」が組み込まれており、日常の中でネタなどの「仕事に関すること」を考えています。

このように生活と仕事がうまく溶け込む未来を目指すべきなのです。

スポンサーリンク

『日本再興戦略』は読む価値アリ!

いかがでしたか?

この記事で紹介した『日本再興戦略』の内容は僕が個人的に印象に残った部分を僕なりに噛み砕いたものです。

それ以外も非常に未来にあるべき姿や日本人はどうやって生きていけばいいかが書かれています。

ぜひ、『日本再興戦略』を一読していただければと思います!

僕のTwitterではブログ更新情報など様々な情報を配信中!ぜひフォローお願いします!

roroLogのTwitterはこちら

スポンサーリンク
roroの雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました