心理学は独学で勉強できます【現役の心理学専攻がオススメする書籍・コンテンツ】

スキル・キャリアアップ

心理学は独学で勉強できます
【現役の心理学専攻がオススメする書籍・コンテンツ】

心理学に興味があるけど、大学になんて行ってられない!
どうにかして心理学を勉強してみたい!

この記事では、心理学に興味をお持ちのあなたに、心理学を独学で勉強するのにぴったりな書籍やコンテンツを紹介していきます。

あなたも心理学を学べば、きっとそれを勉強や仕事に応用することができ、大きなスキルアップをすることができるでしょう。

それくらい心理学という学問は実践的かつ、学ぶに値する学問なのです。

今回は国公立大学で心理学を専攻して学んでいる僕が、自信を持ってオススメできる心理学の書籍やコンテンツを紹介していきます。

学びたいことや学びの段階別にまとめているので、自分にあった章をご覧になっていただければと思います。

この記事を読むことで

  • 心理学の独学方がわかる
  • 心理学の学習にぴったりの書籍がわかる
  • 心理学を実生活に活かすことができる
スポンサーリンク

日常生活で心理学を活用したい人向け

他人を支配する黒すぎる心理術

実践向けの心理学の知識を知りたいという方にとってはぴったりの一冊になることは間違いありません。

ビジネス心理研究科であり、多数のビジネス心理学の書籍を書いてきた神岡真司さんが監修者の一人になっています。

この本の構成は非常にわかりやすく

  1. 心理学の実践例
  2. 表情や仕草から相手の心理を読む
  3. 人に影響を与えるために
  4. 他人を思い通りに誘導する方法
  5. 自分が他人に操られないために

という5つの章から構成されているため、自分の知りたいことをピンポイントでつまみ読みすることができます。

かなりビジネスや私生活に特化しており、楽しく読むことができるのが何よりの特徴です。

最近心理学に興味を持ち始めた方はこの本から読んでみると心理学が楽しく感じられるかと思います。

自分の価値を最大化するハーバードの心理学講義

「ハーバード」と聞いて難しそうに感じるかもしれませんが、内容はとてもシンプルで簡単なものになっています。

この著者であるブライアン・R・リトルはハーバード大学卒業生による投票で3年連続で人気教授に選ばれたほど、わかりやすくて面白い授業をする教授なのです。

気になる中身ですが、大きなテーマは「性格」であり、性格を巡って様々な場面での振る舞い方などをこの本の中で言及されています。

僕の「ビッグファイブ診断」の動画もこの本をもとに作られたものなので読む前にご覧いただけると、よりスムーズに本の内容を楽しめるかと思います。

研究現場でも使われる性格診断・BIG5【明日から実践できる心理学講座】
研究現場でも使われる性格診断・BIG5【明日から実践できる心理学講座】

また、この本を読めば、自分の性格とその性格を受け入れて能力を生かすことができる生き方がわかります。

心理学を学びながら、自分の能力を最大化できる最高の書籍です。ぜひご一読を。

ポジティブチェンジ

YouTube、ニコニコ動画でおなじみ、メンタリストDaiGoさんの著書、ポジティブチェンジです。

その名の通り、ポジティブに生きるための方法が書かれています。

もちろんそれらの方法も全て心理学や脳科学に基づいた根拠のあるものばかり。

この本に書いてあることを実践すれば、考えることもせずに自分を変えられるため心理学の奥深さを体感することができるでしょう。

また、メンタリストのDaiGoさんはYouTubeで心理学などに基づいた根拠のある最新の研究などを配信しているので、心理学を学びたい方は要チェックですね。

いつかあなたを【裏切る人】を一発で見抜く方法
メンタリスト DaiGo
いつかあなたを【裏切る人】を一発で見抜く方法
スポンサーリンク

仕事で心理学を活用したい人向け

実践 行動経済学

2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャードセイラー氏による著書です。

「経済学」と書いてありますが、この本は「行動学」と「経済学」をミックスさせた内容になっています。

人間の心理から、相手の行動をこちらの思い通りに誘導した例を紹介しています。

筆者がナッジ(強制や動機付けに頼らずに人々を良い方向に導く工夫)を社会の組み込んだ例が非常にわかりやすいです。

分厚い本なのでつまみ読みでも良いですが、シンプルにわかりやすく書かれているので全部読むのにもそこまで疲れません。

営業や投資、保険に関する仕事をしている人なら絶対に読んで損はないと断言できる1冊です。

一瞬でYESを引き出す心理戦略

こちらもメンタリストのDaiGoさんの著書です。

名前の通り、相手からのYESを引き出すための方法を解説しています。

冒頭ではメンタリズムを仕事に応用する方法が解説されており、それ以降は様々なシチュエーションにおけるメンタリズムを紹介しています。大きく分けると

  1. 相手からYESを引き出すには?
  2. リピーターになってもらうには?
  3. 人間関係のストレスをなくすには?
  4. ミスをチャンスに変えるには?

という分け方がされています。

全部読むのも良いですが、自分にあったシチュエーションを選んで読むことをオススメします。

影響力の心理

どのように人と接することで影響力を持つことができるようになるのか、ということをテーマに社会心理学の観点から書かれています。

世界の14か国で翻訳され、読まれたという文句なしのベストセラーです。

筆者のヘンリック・フェキセウスはコミュニケーションに関する心理学に特化した研究者であり、メディアによる心理的影響などを専門としていました。

まさに「影響力のエキスパート」による書籍と言えます。

  1. 第1章…そもそも影響力とはなにか?影響力の仕組み
  2. 第2章…影響力を持つための言葉の選び方
  3. 第3章…権力について、応援されるリーダーとは?
  4. 第4章…嫉妬と妬みの構造について

このような構成で書かれています。

人の上に立つ人材になりたい!と思っているあなたにぴったりの本です。

スポンサーリンク

大学レベルの心理学を勉強したい人向け

グラフィック心理学

ガチガチの本気で、心理学の基礎を網羅できる本です。

本当に良書で僕も大学に入ってから、心理学の基礎は全てこの本がもとになったと言っても過言ではありません。

心理学の中でも様々な区分があるのですが、全体的に、わかりやすく網羅されているのが良いです。

また、大学レベルの心理学の本となるとどうしても計算式や統計の式が出てきがちなのですが、この本では一切ありません。

本当に心理学の基礎を学ぶことができるのでぜひ!

roroLogの「大学の心理学」

僕のブログでも大学レベルで学ぶような心理学をわかりやすく解説している記事があります。

6つのカテゴリに分けて解説しているので、あなたの興味のあるものを読むことができます。

またわかりにくいことがあれば、TwitterのDMをしてもらえれば、返信を致しますので心理学を独学するか検討しているのならばこのカテゴリの記事を一読することをオススメします。

スポンサーリンク

心理学は独学可能です

いかがでしたか?

僕も大学に入るまでは心理学を独学で勉強してきており、大学で学ぶ基礎部分は全て網羅していました。

十分に心理学の独学は可能です。

また、心理学に関する知見は僕のブログの「心理学」カテゴリでも知ることができます。

今日紹介した書籍から得た知見も数多く記事化しているので、本を買うか検討中のあなたはぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク
スキル・キャリアアップ心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました