成功を収める鍵は「嘘をつく」ことです。【成功者はみんな嘘つき】

スキル・キャリアアップ

成功をなんとしてでも収めたい!
あいつ、ホラ吹きだと思ってたら本当に実行したなあ

こんにちは、roroです。

成功収めたい人は様々な努力を積み重ねていることと思います。

また、周りの成功した人を見て羨んでいる人もいるかと思います。

この世の中には、成功する人と、大した功績をあげられない人がいるのですが、その違いの1つとして、「嘘」をつくかどうかがあるのです。

そこで今回は、「嘘をつく」ことで成功を収めることに焦点を置きます。

どうして嘘をつくことで成功に近づくのかを、解説していきます。

この記事を読むことで

  • 嘘が悪いことではないことがわかる
  • 成功にさらに一歩近づくことができる
  • 自分を奮い立たせることができる

成功を収める鍵は「嘘をつく」ことです。【成功者はみんな嘘つき】

スポンサーリンク

世の成功者はみんな嘘つきな件

とはいっても、本当に嘘をつくことが成功につながるのかと疑問を持っている方もいるかと思います。

しかしこれまでの成功者の多くは嘘をつくことで大きな壁を乗り越えてきたのです。その例を紹介します。

プログラミング言語のJavaをリリースした世界第3位のソフトウェア会社のオラクルの社長、ラリー・エリソンを例に出します。

出典:Wikipedia

彼は取引先との商談で、まだ開発すら始まっていないソフトウェアをあたかも完成したかのように宣伝し、超大型契約を勝ち取ったと言います。

また、『金持ち父さん、貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキはこの本を執筆、出版した時は金持ちだったわけではなく、この著作によって富を築いたことがわかっています。

つまり、「もう完成している」、「自分は金持ちだ」という実質的な嘘をつくことで成功したということです。

この他にも成功者の道のりには大きな嘘をつくことで壁を乗り越えてきたものがあるのです。

スポンサーリンク

意外と嘘も人は信じる

バレたらめちゃくちゃ恥ずかしいじゃないか!

嘘をつくとそう思う方もいるかも知れません。

しかし、案外嘘というのはバレないものなのです。代表的なよくあるエピソードを紹介しましょう。


同窓会で母親となった女性たちが我が子や夫の自慢をし合っています。しかしほとんどは口から出まかせなのです。

それぞれが家に帰ってふと一人になると、自分も嘘をついていたのにも関わらず

「みんな素晴らしい家庭を築いている…」

とショックを受けるそうなのです。他の女性も嘘をついている可能性など大いにあり得るのに。


このエピソードからもわかるように嘘というのは実はバレにくいものなのです。

逆に嘘を見破りたい方はこちらの記事をどうぞ笑

スポンサーリンク

嘘で自分を奮い立たせるべし

嘘をつくことで、自分の中で良心がはたらき

「なんとしても嘘を現実にしなければならない!」

と思い、自分自身を奮い立たせるようになります。

先ほど紹介したオラクルのラリー・エリソンは嘘を現実のものにするべく奮闘し、納品日には完成品を納品することができたのです。

また、ソフトバンクの社長の孫正義さん。彼は起業したての小さな会社で、常に、「売上高1兆円を達成する!」と言っていたそうです。

はたから見たら、大ホラ吹きもいいところです。起業したての小さな会社で売上高1兆円など、不可能でしょう。

しかし、それを成し遂げることができたのです。

肯定的な、未来に関する嘘をつくことで大きく自分を奮い立たせることができるのです。

スポンサーリンク

脳は嘘が大嫌いです

実は脳は嘘をつくことが大嫌いなのです。

そのため嘘をついた時には、脳はストレスを感じます。

そして脳というのはストレスを非常に嫌う性質を持っており、なんとかしてそのストレスを消そうとするのです。

嘘をついた時のストレスの消し方といえば、嘘を真実にすることです。嘘を真実にする最善策を必死に脳は考えます。

また、この流れによって自分は本当にできるんだという自己暗示をかけることができるため、より自分の能力は高まっていきます。

肯定的な嘘は自分の能力を引き上げるのです。

スポンサーリンク

嘘をつく時の注意点

肯定的な嘘、未来に関する嘘をつくべし

成功のための嘘は全て、肯定的かつ、未来に関するものでなければなりません。

ラリー・エリソンのように、未来では嘘が本当になるようにする。そのために全力で努力をする。

この姿勢が大事なのです。

なので嘘をつく際は肯定的かつ、自分の頑張りやこれから次第で真実に変えられる嘘をつかねばなりません。

過去・現在の客観的事実を曲げない

嘘をつく際に最大の注意点は、現在や過去の事実を捻じ曲げることはしてはいけないということです。

過去やたった今というのは変えることができませんね。それは成功に関わる嘘ではなく単なる悪質な嘘です。

ラリー・エリソンは未来に嘘を本当に変える可能性があったため嘘をついたのです。

これから嘘を真実に変えることのできない嘘をつくのはやめましょう。

特に客観的数字であったり歴史を捻じ曲げるのは絶対NGです。

スポンサーリンク

成功のためには嘘をつこう

いかがでしたか?

代表的な世界の成功者は嘘によって壁を打ち破り、成功したということがわかったのではないでしょうか・

さらに、嘘をつくことによる効果もわかったのでは?

ぜひ肯定的な嘘をついて、自分を奮い立たせ、成功を手にしてほしいと思います。

僕のTwitterではブログ更新情報など様々な情報を配信中!ぜひフォローお願いします!

roroLogのTwitterはこちら

スポンサーリンク
スキル・キャリアアップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました