ストレスを溜めない方法・コツ【ヒントは考え方にあり】

心理学

ストレスを抱えてしまうタイプなんだよな~
もっとストレスフリーに生きていきたい!

現代は「ストレス社会」と言われており、日本人は特にストレスを抱えてしまいがちだと言われています。

ストレスの原因というのは様々なものです。

お金であったり、コンプレックス、人間関係などなど…原因を挙げ出してはキリがないですよね。

しかし、1つ断言できるのはどんな人でも、ストレスを溜めることなく生きていける方法というのは存在します。

そこで今回は僕も実践した、ストレスを最小限に抑える思考法・考え方について解説していきます。

この方法を実践すればあなたのストレスは確実に小さくなりますよ。

この記事を読むことで

  • ストレスの主な原因がわかる
  • ストレスを溜めにくい考え方がわかる
  • 少ないストレスで生きていけるようになる

ストレスを溜めない方法・コツ【ヒントは考え方にあり】

スポンサーリンク

ストレスの根源とは何か

まずはストレスの根源とは何なのかを考えましょう。

先ほど代表的なストレスの原因を挙げました。

しかし、全てのストレスの原因の根源はたった1つなのです。それは

人間関係

です。

本当に?と思うかもしれませんが、お金に対するストレスも自分のコンプレックスに対するストレスも全て他の人間との比較がストレスの源になっているのです。

この考え方は『嫌われる勇気』で有名になったアドラー心理学によるものです。

その考え方を前提としてストレスを軽減させる方法・コツ・考え方をこれから紹介していきます。

スポンサーリンク

人に頼ろう

みなさん、人に頼るということをしていますか?

「他人に迷惑をかけてはいけない…」
「無能だと思われたくない…」

そんなことをついつい思ってしまって、自分にとってキャパオーバーなことをしてはいないでしょうか?

もしあなたが人にあまり頼らずに物事を進めてしまうタイプなら今すぐ「人に頼る」練習をしましょう。

難しくありません。最初は「誰にでもできること」を人に頼んでみましょう。

誰にでもできるなら自分でやるべきじゃない!!

そう思う方もいるかもしれませんが、そんな人は難しいことを人に頼むことはもっと難しいでしょう。

ちょっとずつでいいので、人に頼るようにしてください。

そうすれば意外と頼みを聞いてくれたりして、肩の荷がスッと降りたような感覚になりますよ!

インドでは

人は人に迷惑をかけるものであり、あなたは迷惑をかけられることを許してあげなさい」

と教えられるそうです。

まさに真理ですね。人はどう頑張っても人に迷惑をかけてしまうのです。

あなたも人に迷惑をかけることをそんなに恐れなくてもいいのです。

人に頼りましょう。

スポンサーリンク

人と比べることをやめよう

人と比べるというのは本当に愚かなことです。

なぜなら、人はみな、同じ方向に向かって進んでいるのではなく、それぞれ別の方向に違う方法で歩みを進めているからです。

先ほど少し紹介したアドラー心理学では人と比べることによる劣等感や優越感は「不健全」だとまでいっています。

実際に人と比べて人に勝つことばかり考えていると、本来は自身の成長や課題の解決が目的だったのにその本当の目的を見失いかねません。

いつしか競争が目的になってしまいます。

上には上がいる。だからこそ競争をが目的になってしまうと、キリがないのでとてもしんどいですね。

先ほど、「人と比べる」劣等感や優越感が「不健全」と言いました。

では「健全」な劣等感や優越感とはなにか?

それは「過去の自分や理想の自分と比べる」ことによる劣等感や優越感です。

過去の自分に対する優越感はあなたにこれからも楽しく、頑張って生きる原動力を与えてくれます。

そして理想の自分に対する劣等感も人生にスパイスを与え、やはりこれからの原動力になります。

人と比べるなんてナンセンスですね。

自分の人生なので「自分なり」に生きていけばいいのです。

スポンサーリンク

嫌なことから逃げることを考えよう

みなさん嫌なことに耐えてはいませんか?

日本では「石の上にも三年」というように我慢が美徳としてなってしまっています。

僕は非常にストレス社会を助長する感性になっていると思っています…

そんな日本に生きているからこそ言いたい。

嫌なことからは逃げることを考えよう。

かといっても嫌なことから逃げまくって、人生を諦めろといっているのではありません。

例えば仕事が嫌だとします。まずはそこからどうしたら逃げられるかを考えましょう。

「何が嫌か」ということを考えて、転職という手段を取ったり、フリーとして働くなど様々な「逃げ道」が思いつくかと思います。

そして「これだ!」と思ったことを実行できるように努力あるのみです。

嫌なことから逃げられると思えば、努力をするのも難しくありません。

むしろ自分の成長を見れるのでどんどん楽しくなってきます。

また、自己実現のための努力というのは「夢中」になれるので、無駄に、ストレスの源について考える時間が確実に減るのでストレスを感じにくい生活を送ることができます。

自身が成長しながら、さらに嫌なことから逃げ出し、そして自分の理想に向かって進む…

これ以上に楽しいことはありません。

嫌なことからは逃げる。そして逃げるためにどうしたらいいかを考える。

実行すればストレスから解放されます。

スポンサーリンク

自分の人生を生きるべし

いかがでしたか?

あなたの人生はあなたの好きなことをするべきです。

ユダヤの言葉でこんな言葉があります

「自分が自分のために人生を生きていないのであれば、一体誰が自分の人生を生きてくれるだろうか」

あなたの人生は自由です。

周りに迷惑をかけてもいい。

人に勝たなくてもいい。

嫌なことから逃げていいのです。

ストレスから解放されて、楽しい人生を送りましょう。

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました