あなたは大丈夫?脅威の五月病【原因から対策まで紹介】

心理学

最近新生活で疲れてるなー
GW明けの部下が心配で仕方がない…

こんにちは。roroです。もうすぐ四月も終わり、GWが始まろうとしています。今回は超大型連休ということもあり、GWに楽しい予定を入れている方も多いのではないかと思います。そこで恐ろしいのはGW明けですね。GW明けは多くの人がある症状で苦しむこととなります。そう「五月病」です。あのけだるさは本当に不快ですよね。そして見ている側もいつかストレスの限界がきてしまうのではないかと不安に思ってしまいます。

そこで今回は五月病の原因と共に対策、五月病かなと思われる症状が出たときの改善策について紹介していこうと思います。

この記事を読むことで

  • 五月病の対策ができる
  • 五月病の怖さを知ることができる(五月病を舐めてはならない)

五月病の原因・対策集

スポンサーリンク

五月病とは?説明・起きる原因を解説

まず初めに言っておきたいことがあります。五月病は医療の現場では「適応障害」として扱われます。適応障害とは、特定の環境において適応することができず、ストレスを抱えてしまってそれが原因で体調不良や無気力を起こしてしまうことです。新生活で新しい職場、学校など環境が変化しそれに適応しようと無意識のうちに必死になる四月、そこで溜めてしまったストレスを五月になって自覚してしまい起きてしまうのです。また、これは学生にありがちなのですが、受験勉強を頑張って進学したものの自分の思い描いていたことと現実のギャップにくるしんでしまうというパターンもあります。もしくは進学してから、受験を越えたことによる無気力に陥ることもしばしばあります(燃え尽き症候群)

ではなぜこのタイミングで自覚してしまうのかという問題があるのですが、答えは簡単でGWでいったん職場や学校から離れることが多いからです。今まで張りつめていた緊張の糸が良い意味でも悪い意味でも緩くなってしまうのです。GWを有効に使えられればストレスを解消し、いい再スタートを切れますが、逆にストレスを溜めたままだと再スタートを切ることが難しくなります。

この章のまとめ

五月病の原因は新生活のストレスである
バーンアウト症候群も原因にあげられる
そのストレスがGWによって自覚され症状が出る

このように残念ながら五月というのは新生活のストレスを自覚し、それによって疲れてしまう条件が整ってしまっているのです。ということは確実に対策を練ることが必要ですし、個人はもちろんのこと、自分の部下や同僚に対してのアプローチも検討する必要が出てきます。そこで順番に具体的な「五月病対策」を列挙していきます。もちろん自分に合った方法でストレスを解消するのがベストですが、こちらを大いに参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

月間目標を少し低くする

タスクのイメージ

五月病の大きな原因として「はりきりすぎてしまう」ということが挙げられますね。ついつい僕もやっちゃいます。ですが目標を高くしすぎると目標と現状とのギャップを常に感じてしまって結構ストレスがかかってしまいます。よって五月病を防ぐのならば少し目標を落とすことがベターであると言えます。

また五月病患者にありがちなのは「完璧主義」であることです。うつ患者にもよくある傾向です。業務などにおいて100点を目指して取り組んでしまう方ですね。実際あなたがその組織において一年目の場合、上司は誰も100点なんて求めていないので「合格点をとれればいいか」くらいで思っていてください。学生時代には「なんでもいいから合格すること」や「赤点回避」を狙っていたのに社会人になるとその精神を忘れてしまう方が多くいます。決して最高の思考とは言い難いですが、あなたの体の大切さには代えられません。五月だけでもそれくらいの気持ちでいてください。

スポンサーリンク

規則正しい生活

医者のイメージ

これは職種によっては難しい方もいるかもしれませんが可能な限り実行してください。というのも人間の体というのは「朝から昼に活動して、夜は休む」という生活が遺伝子レベルで搭載されています。そのうえで活動に適した時間に個人差がありそれを朝型や夜型と言ったりするのです。なのでまずは昔から言われることですが「早寝早起き」が肝要です。そして起きてすぐになるべく太陽の光を浴びてください。そうすることで体内時計を整えることができます。

あとは食事ですがきちんと三食食べましょう。朝食を抜く人もいますがそれは本当にやめといたほうがいいです。朝から昼にかけてはエネルギーの消費量が多いので絶対に朝昼の食事はとりましょう。どーしても一日二食がいいという方は夕食を抜く、あるいは減らしましょう。夜というのは基本的に活動量が少ないのでそこまで意識してエネルギーを補給する必要がないので。

早寝早起き、一日三食。これはストレスや健康に対する万能薬です。ぜひ実行してください。

スポンサーリンク

運動をしよう

運動のイメージ

よく「疲れて運動なんかする余裕ないよ」とおっしゃる方もいますが、それはただの勘違いであることがほとんどです。というのも人間の疲れというのは脳が感じているのです。そして体の疲れだと思っていても実は精神的な疲労であることがほとんどです。つまり精神的疲労が肉体的疲労に置き換えられて感じてしまっているのです。そこで運動をすることで仕事によって凝り固まった筋肉がほぐれ血行が促進されますね。そして肉体的疲労は眠気を誘い、深い眠りを誘発します。深い眠りをすれば脳の疲れが解消され、精神的疲労も大幅に回復するのです。そして感じていたストレスも抑えられます。肉体労働の方は無理は禁物ですが、デスクワーカーの方などは疲れを感じていても「これは脳が疲れているだけだ!」と自分を言い聞かせて運動するようにしましょう。

スポンサーリンク

好きなことをする時間を作ろう

自由のイメージ

何でも構いません。好きなことをする時間を確保しましょう。一つの理由としてはストレス発散があるのですが、もう一つの理由としては「本当の自分に戻ってくる」ということです。「どうゆうこと?」と思うでしょうが、これについて説明していきます。

パーソナリティ心理学では人間は実際のパーソナリティから離れた振る舞いをすることが可能であると言われています。普段は静かに本を読むことが好きなのにプレゼンになると雄弁に語りだす人っていますよね。これはパーソナリティから離れた振る舞いをしていると言えます。ただこれには心への大きな負担がかかります。もちろん長時間になるとなおさらです。

あなたは静かに読書したいのに激務に追われて多くの人とコミュニケーションをとっていませんか?みんなでワイワイするのが好きなのに事務作業ばかりしていませんか?休みの時間や勤務後にどうか少しでも多く「本来の自分に戻る時間」を作ってあげてください。

ここまで「じぶんで」行う五月病対策を紹介しました。これらを意識することでストレスが最小限に抑えられ、五月病のリスクを減らすことができます

この章のまとめ

張り切りすぎるのはNG!五月はマイペースに
規則正しい生活をしよう。心の健康は体から
運動をしよう。体が疲れればよく寝られます
好きなこともしよう。本来のあなたに戻る時間を!

次に部下などの五月病を防ぐ方法を紹介したいと思います。まず第一前提として上司として部下の五月病を防ぐ際「入社前と入社後のイメージギャップによる五月病」しか予防することができません。ただこれによる五月病の占める割合は大きいので効果は高いかと思われます。部下を持っている方、組織の中で上の立場にいる方は必見ですよ!

スポンサーリンク

パブリックコミットメント―目標を宣言

仕事のイメージ

ぜひ自分の目標を人の前で発表させてみましょう。一人で自分の中で目標を作っていてもそれが達成できなくても後から言い訳し放題です。ですが人に宣言することでプレッシャーを感じてそれに見合った努力、行動をするようになります。あなたも他人にの目があるから頑張ったことあるでしょう。

ただ一つだけ注意点が必要です。その目標を定めた期間が終わればちゃんとフィードバックをしてあげましょう。目標を達成した人には評価をするような声かけをするべきですし、目標を達成できなかった人にはしっかりと改善策などを一緒に考えてあげてください。目標を宣言させておいて放置だと上司の信頼が揺らぐので注意してください。

スポンサーリンク

ホーソン効果―存在価値を再認識

拍手のイメージ

新入社員が無気力に感じる一つの要因として「自分の存在価値が分からなくなる」というものがあります。会社というのはだいたい分業制ですし、自分でなくてもいいのでは?という気持ちが芽生えてしまうそうです。なので「あなたがいなければ困る」という状況を作り出すことが大切です。手っ取り早いのは小さなプロジェクトを一任させることです。自分でプロジェクトを一人で回すとなると責任感も芽生えますし存在価値を感じることができます。それがだめなら注目するだけでもいいです。日頃の仕事ぶりを評価するような言葉をかけてあげるだけでも十分です。人は先ほど言った通り「他人に見られてると頑張れる」という性質を持っているのです。ぜひこの時期はぜひ部下の動きに目を向けてあげてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?もちろん五月病も悪化すればうつなどの精神病につながるので無理は禁物です。ですが心の健康を守る努力はすることができます。ぜひあなたの心をいたわってあげてください。
まずは5月の月間目標は低く!そしていつも以上に生活習慣に気を遣う!この二つを意識していきましょう!

この記事で一人でも多くの人が五月病に苦しまずに済むことを願うばかりです。

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました