『洗脳』から学べ 実際の事件から洗脳の手口を分析

心理学

こんにちはroroです。突然ですがX JAPANのToshIさんの『洗脳』という本をおご存知ですか?ToshIさんが実際に12年間の洗脳され続けた期間について、洗脳されていく過程や洗脳されてからの思考などが事細かに書かれた本です。

この本の中に、ToshIさんが洗脳されていくまでの洗脳する側の人間の動きが書かれているのですが、その行動は相手をだますべく、巧妙な心理学的テクニックが隠れているのです。そして僕自身、この洗脳事件はToshIさんのような洗脳の被害者がこれ以上表れないためにも、後世に伝えていかねばならぬものと感じましたので、微々たるものですが、私はこのように記事として残そうと思いました。

簡単なあらすじと共にその巧妙な方法、そして洗脳を防ぐにはという観点で解説していこうと思います。

この記事を読むことで

  • 洗脳の恐ろしさを知る
  • 洗脳する側が使う心理テクニックが分かる
  • 洗脳されないためにどうすればいいかが明確になる

洗脳の恐怖と手口そして予防策

まずはこの本における洗脳されるまでについて紹介していこうと思います。

日本全体に名を轟かせたX JAPAN ボーカルのToshI。栄光とは裏腹に自分やX JAPANをお金のためのもののように扱う事務所の経営者の兄や母がいました。彼らやToshIさんが信頼した後任の人よってもX JAPANは迷惑を被り、ToshIさんは自己嫌悪に陥り、そこでメンバーとの溝ができてしまいます。
そこで守谷という女性から頻繁に手紙が来るようになります。いつも暖かい手紙を送ってくれる彼女は徐々にToshIさんの心の癒しとなり、徐々に親密な関係となっていきます。そして彼女の影響でヒーリングミュージックを聞くようになりました。そしてバンドに対しても一定の距離を置くようになりました。その中で家族不信などもあり徐々に守谷しか信用できる人間はいないと思うようになっていきました。そしてとうとうX JAPANから脱退したのです。ある日ヒーリングミュージックの先駆けとして洗脳者MASAYAと出会います。後々に守谷はMASAYAと手を組んでおり元からToshIさんを洗脳する気であったということが分かります。MASAYAは「あなただけは特別に」と言って、様々なセミナーに参加を促すのです。その中では半ば宗教染みたことが行われており、これを読んでくださっている多くの人間ならその参加者は普通じゃないと思われるほどのものだったのですが、もうすでに巧みな話術によって洗脳にかかっているToshIさんはそのセミナーに飲み込まれていくのです。さらにMASAYAの団体、「ホームオブハート」に入ってしまいます。そしてそこからの地獄のような洗脳生活が始まる…

といった感じです。なかなか「エグい」話ですね。また、もっと詳しくあらすじを知りたいという方は下の動画をぜひご覧ください。僕が『洗脳』を読むきっかけでとなった動画であり、とても詳しく、わかりやすく洗脳の全貌がまとめられています。

被害額15億円超…15分でわかるX JAPAN Toshlの洗脳の全て
被害額15億円超…15分でわかるX JAPAN Toshlの洗脳の全て
マスザワ内閣(https://youtu.be/fuoghZtLZb8 )
スポンサーリンク

手口① 単純接触効果

単純接触効果とは、接触が増えれば増えるほどその人に対して親しみを感じるようになるというものです。現在でも取引先とメールを頻繁にしたりと、ビジネス業界では活用されている心理テクニックです。守谷はこれを利用したのです。

あらすじをご覧になってわかるかと思いますが、守谷は失意のToshIさんに頻繁に手紙を送っています。ここで単純接触効果が発動しているのです。多くかかわりを持つ守谷に対して親しみを抱くようになってしまうのですね。しかもただでさえ人を信じられなくなって苦しんでいるときに暖かい言葉をかけてくれる人の手紙が頻繁に来ると誰だってその人を信じたくなりますよね。守谷との接触が増えるにつれて、本来、最も接するはずのX JAPANメンバーや家族との接触が減っていったのも大きな要因です。守谷を信頼するとともに世間や周りの人たちは「敵」であるというイメージを刷り込まれていったのです。

スポンサーリンク

手口② 類似性の原理+返報性の原理

MASAYAはToshIさんに自分が最愛の人を亡くしているというつらく悲しい過去を語ったことがあります。そこでToshIさんとある共通点があるかのように見せました。それは「孤独」です。人間は自分と同じ性質を持つ人に対して親しみを感じやすいです。この人間の性質を「類似性の原理」と言います。そこでToshIさんの一番の悩みの種である「孤独」を共通点をもつMASAYAに親しみと共に信頼を抱くようになったのです。

人間というものは誰しも同情してしまうものです。
そして同情した相手には「自分に苦しいはずの話をしてくれた」という気持ちが働き、「私も見合った話をしなければ」と思ってしまうのです。これを返報性の原理と呼びます。そこでMASAYAはよりToshIの悩みやつらい過去を知ることができました。そこでさらに付け入るスキを与えてしまっていたということですね。

スポンサーリンク

手口③ 特別感を与える

人間は特別扱いをされたり、焦らされたりすると非常に判断力が鈍る生き物です。MASAYAはたびたび「ToshIさんのために特別にセミナーを行います」、「せっかくセミナーであなたは変われそうだ。今行動しなければならない!」と煽ってきたそうです。この「今だけ!」の手法は他の詐欺やセールスにもある質の悪い手法ですね。そしてMASAYAの協力者であり、ToshIさんが唯一信じていた守谷による呼びかけもあり、どんどんセミナーによる洗脳が進んでいってしまったのです。

スポンサーリンク

手口④ 集団への同調

人間は極めて社会的な生き物であり、周りの人間の影響を強く受けます

アッシュ(1951)によれば6人から8人の集団(その中で被験者は一人。他は全員サクラ)に右図を見せて「a,b,cのどの直線が標準図形と等しいか」と質問して答えてもらう実験をした。サクラが全員同じ選択肢で誤答をしたところサクラの判断に同調して、約36%の被験者はサクラと同じ誤答をしたと言います。この簡単な課題で同調による間違いが起こるのです。現実の複雑な事例ではより高い確率で同調が起こるのは容易に想像できます。

同調の怖さが分かったところで話を戻しましょう。ToshIさんはセミナーに参加した当初、その異様な雰囲気を見て「変な宗教なのではないか」と疑いの目を持っていたと言います。ですが、セミナーが進んでいくと他のセミナー経験のあるという参加者が当然のように話を聞いたり言われたことを実践していること、そしてそれのおかげで救われたと語るさまを見るうちに「これは当然で正しいことなんだ」と感じてしまったのです。人間は多数の中では判断力が鈍るとも言われていますがこれは心理的操作を受けた最たるものと言えるでしょう。

スポンサーリンク

手口⑤ 確証バイアス

これに関しては洗脳から抜け出すことがいかに困難であるかということを解説していきたいと思います。人間は一度確証を得たり、正しいと思ったことはなかなか信じて疑わないという性質があります。

ToshIさんは守谷やMASAYA巧みな言葉によってMASAYAを「正しい人間」としてみなしてしまいました。なので「あの人は正しいのだから、この一見不条理なこともきっと正しいのだ。」と思うようになっていったのです。まして、ToshIさんはその二人によってほかの人間から断絶されていたので、余計に確証バイアスが働いたのだと考えます。

『洗脳』を読むだけでもこれほどの心理的操作を確認することができました。実際はより多くの心理的操作があったことでしょう。

そこであなたは気になりますよね?「いったいどうやってToshIは洗脳が解けたんだろう?

そこでなぜ洗脳を解くことができたのか、そこには洗脳されないための一つの大きな要因があると感じましたので紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

洗脳が解けるまでの流れ

MASAYAが三億でX JAPANの再結成の話を聞き、ToshIのX JAPANの再結成を促した際に「結局金目当てなのか」と疑念を抱くようになります。それに拍車をかけるようにYOSHIKIさんとの再会。ToshIがホームオブハートの営業周りをしている際に多くの外部者と接触することができ、MASAYAや守谷に刷り込まれた社会=悪の考えが崩れつつありました。そして決め手になったのが2008年、すでに「ホームオブハート」の被害者から訴えられており裁判が行われました。そこでMASAYAが弁護士からの質問に対して動揺を隠せていないところを見ます。MASAYAが絶対的に感じていたToshIはショックを受けるとともにより大きな疑念を抱くようになります。そして、ある日MASAYAの自宅に招かれた際に、その贅沢ぶりを見て衝撃を受けたのです。ToshIさんはホームオブハートに多額のお金を支払う理由は「施設の子供たちを食べさせてあげるため」と聞かされていたのです。
そしてMASAYAや守谷から受ける暴力に過労、心的ストレスが限界に達し倒れた際に信頼できる人と再会し、守谷たちからかくまってもらうことに成功したのです。そして完全に洗脳が解けていったのです。

超簡単に説明するとこんな感じの流れで洗脳が解けていきました。もっと詳しく知りたいという方は、この過程も動画で詳しく解説されているのでこちらをご覧ください。

X JAPAN Toshlがどうして12年の洗脳から脱出できたのか全てを話します
X JAPAN Toshlがどうして12年の洗脳から脱出できたのか全てを話します
マスザワ内閣(https://youtu.be/FzK-Q513CE8)
スポンサーリンク

洗脳から逃れる方法、洗脳されないために

ToshIさんの洗脳が解けていく流れを見ればもうお気づきかもしれません。そうです、「多くの人間との関係を持っておく」ということです。ToshIさんは自分が信頼できるのは守谷たった一人であると考えてしまいました。そこで周りの人間を拒絶してしまい、守谷とMASAYAの支配下となってしまったのです。そして洗脳が解ける原因も「多くの人と接する」ことでした。

たった一人に完全に傾倒し、その他の社会を否定することは決してしてはいけません。確かに社会には不条理なことは腐るほどあります。ですがその中にいる人にはいい人ももちろんいます。話すだけで構いません。話せる人間を複数持つことでこのような洗脳を防ぐことができるのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?この事件は後世に語り継ぐべきものであると動画のまっすうさんは言っていますが僕も本当にそう思いました。このような事件の被害者がこれ以上でないように、私たちは知る必要があるのです。
絶対にたった一人に傾倒しない。そして社会との関係を断絶しようとしない。これが洗脳を回避するための最も簡単かつ最高の予防策です。

また今回紹介した心理操作ですが、実際にビジネスの場でも使われるようなテクニックです。もちろん悪用はしてはなりませんが、ここまでの効果があるテクニックであるということを肝に銘じていただきたいと思います。僕は心理学の記事を多く書いていますが、そこで紹介した方法を「正しい」使い方をして少しでも多くの人の生活が豊かになることを願っています。

またこの『洗脳』を読みたくなった方はこちらをどうぞ。Kindleだと結構安く買えるので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました