病まないために3つの世界で生きよう【社会学】

roroの雑記

こんにちは、roroです。このご時世、何かの出来事がきっかけに病んでしまう人が多いように思えます。

どんどん人間関係が複雑になっていき、どんどんストレスが溜まってしまう人も多いのでは無いでしょうか。

その結果病んでしまい、引きこもる人が出てきたり、悲しい事に人に迷惑をかけてしまう行動を起こしてしまったり、最悪の場合みずから死を選んでしまう人もいるという現実があります。

あなたは大丈夫でしょうか?

そもそも病む際の最も多くの原因はなんなのでしょうか?そしてまた、病まないためにどうしたらいいのでしょうか?

本記事では社会学の観点から病まないための方法を解説していきます。

この方法を実践すれば心を病んでしまう確率がグッと下がるだけでなく、洗脳や、何かに対する強い依存症などの対策にもなります。

精神的に健康な人生を生きるためには必ず意識してください!

この記事を読む事で

  • 最も多い病む原因がわかる
  • 病まないための方法がわかる
  • 精神的に健康な人生を歩むことができる

病まないために3つの世界で生きよう【社会学】

スポンサーリンク

最も多い病む理由

生きていくと様々な苦難困難が待っています。そのタイミングで病んでしまう人がいるのです。

そして人が病む大きな1つの原因として「依存相手を失うというものが挙げられます。

依存相手は多種多様です。恋人であったり、両親であったり、親友であったり…

病んでしまうほとんどの人は、たった1つの依存相手を失ってしまい、失意の末に病んでしまうのです。

そして、その中で一定数の人たちが立ち直れずにそのままずるずると引きずってしまうのです。

スポンサーリンク

病まないためにはどうしたらいい?

病まないための一番の対策として、「1つのものに依存しない」というものが挙げられます。

病んでしまったり、洗脳されたりする人の多くは1つのことに依存しすぎたことが大きな理由が挙げられます。

しかし、

とはいうものの、1つのものに依存しないためにはどうしたらいいのか?

このような疑問が生まれるのでは無いでしょうか。そこで具体的な方法をここで紹介していきます。

スポンサーリンク

3つの世界で生きよう

1つのことに依存しないために、そして病まないようにするには3つの世界で生きていくことが大切です。

人は何にも依存せずに生きることは不可能です。

なのでこの3つの世界でそれぞれ1つずつ、依存対象を作ればいいのです。その3つの世界とは

「社会的世界」 「個人世界」 「性的世界」

の3つです。この3つの世界に拠り所を持つことができれば絶対と言っていいほど心を病んだり、洗脳を受ける可能性がなくなります

この3つについて解説していきます。

社会的世界で生きる

社会的世界とは人との関わりを持つ世界です。

その人は誰でも構いません。

友達でもいいですし、家族でもいい。はたまたSNS上で気心が知れたユーザーがいればその人との関わりでも大丈夫です。

一番依存相手を見つけることができると同時に関わりを持つことが簡単だと思います。

病んでしまう人はこの社会的世界との関わりを断絶してしまう傾向が強いため、この社会的世界との関わりは何があっても守るようにしましょう。

その際にはSNSの利用も1つの手になると思います。

個人世界で生きる

家族を持っていたりして一人の時間を作ることが難しい人も多いと思いますが、ぜひ、一人になる時間を持ってください。

そして一人で没頭できることを見つけることができればベストです。もちろんなんでも構いません。

音楽でも、読書でも、ゲームでも構いません。

ゲームの場合、ゲーム依存症になってしまうことが心配になるかも知れませんが、ちゃんと社会的世界との関わりを断たなければ間違いなく深刻化はしないのでご安心ください!

一人の時間は欲求不満を昇華することができ、効率よくストレスを発散できるのでぜひ作ってみてください。

5分でもいいんです。一人になる時間を作って何か没頭できるものを作ってみてはいかがでしょうか。

性的世界で生きる

ここまでで、人との関わりを持って生きる「社会的世界」、そして自分一人になって趣味などに没頭する「個人社会」を解説していきました。

最後にあげられるのが「性的世界」です。この性的世界とは主に異性との接触です。

何も付き合っていなくても構いません。片思いでもいいので異性との接触、あるいは異性に興味を持つようにしましょう。

そうする事で社会的世界で依存する友達や家族とは別に心の拠り所を作ることができるため、さらに心を病むことを防ぐことができます。

逆に社会的世界と個人世界で生きる割合が少なく、好きな人のことを考える時間(性的世界で生きる時間)が長すぎると、失恋の際に病んでしまう原因となりえてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

さあ、病まないために3つの世界で生きよう

いかがでしたか?心を病んでしまう人の多くは1つの依存元がなんらかの理由でなくなることが引き金となっています。

しかし人やものに依存せずにいきていくことなど不可能なのです。

そこで3つの世界で依存元を作り、3つの世界で生きることで簡単に病むことを防ぐことができます。

もし1つの世界で依存元が消えたのなら、他の世界で生きつつまたその世界の依存元を探せばいいだけ。

ぜひあなたも病まないために3つの世界で生きることを心がけましょう。

スポンサーリンク
roroの雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました