なぜ国はキャッシュレス決済を推進するの?理由を解説!

roroの雑記

とうとう消費税率が10%に!
キャッシュレスなら還元される!

こんにちは、roroです。

いよいよ2019年、10月から消費税が増税となり税率が8%~10%になってしまいますね!

そこで気になることの1つとして、「キャッシュレス決済による還元」であるかと思います。

キャッシュレス決済をすることで最大5%の還元を受けることができると言うものです。

そのような政策を見る限り、国・政府はキャッシュレス決済を推進していることがわかるかと思います。

どうしてそこまで国・政府はキャッシュレス決済を推進しようとしているのでしょうか?その理由をわかりやすく解説していきます!

この記事を読むことで

  • 政府の戦略がわかる
  • キャッシュレス決済のメリットがわかる

なぜ国はキャッシュレス決済を推進するの?理由を解説!

スポンサーリンク

キャッシュレス決済とは??

キャッシュとは日本語でいうと「現金」。つまり、現金を使わずに商品やサービスなどに対して支払いを行うことを言います。

具体的にいうとクレジットカードやデビットカード決済、様々なポイント、電子マネーによる支払い、さらに今急速に普及しているQRコード決済などが挙げられます。

QRコード決済ではPayPayLINE Payなどがありますね!

特にデビットカードやQRコード決済に関しては、「今、所持している分しか払うことができない」という特徴があり、大変使いやすいので普及が急激に進むのではないでしょうか。

このキャッシュレス決済を国・政府は推進して普及させようとしているのです。

その理由を解説していきます。

スポンサーリンク

理由①:オリンピック・万博などへの対策

2020年には東京オリンピック、2025年には大阪万博が開催されますね。

その時、そしてそれまでの間にも様々な国から、多くの外国人が観光などで日本に訪れることが容易に予想できます。

実は日本以外の多くの国はキャッシュレス決済が当然のように普及しており、日本より圧倒的に多く利用されているのです。

なのでキャッシュレス決済が進んでいない日本に来ると、「支払いめんどくせえな」と思ってしまうことでしょう。

そこでキャッシュレス決済を推進することでより快適に外国人にショッピングを楽しんでもらうことができるようにすることが国・政府の狙いとなっているのです。

実際にQRコード決済対応のお店には国内サービスの他に中国のサービスであるアリペイ(支付宝)、WeChatPay(微信支付)も同時に対応しています。

それは日本に来て多くの製品を購入する中国人へのサービスの充実の一環とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

理由②:そもそも現金の扱いが面倒くさい

そもそも、現金を扱うことが非常に面倒くさいことが挙げられます。

利用者からしても、キャッシュレス決済に慣れてしまえば、財布を持ち歩くことすらも面倒くさくなるくらいです。

そして、現金を管理する側としても非常に面倒くさいのです。

例えば、紙幣や硬貨を作る際、発行したお金を各銀行等に運ぶ際の人件費というのは国が負担しているのですが、非常に高額になっていると言います。

ちなみに日本のお金を発行するコストは一年で約517億円にも昇ります(すげえ)。

さらに国だけでなく、民間の銀行としても現金の扱いというのは非常に不便です。

僕たち一般市民は基本的にATMから現金を引き出してお金を使いますね?

そのATMの管理費、またATMへの現金の運搬に必要な人件費が非常にかかるのです。

つまり、国(日本銀行)をはじめとするお金を扱う場所では現金は非常にめんどくさいものとなっており、キャッシュレス決済の普及によって現金による無駄を省くことができるのです。

スポンサーリンク

理由③:ちゃんと税金を取りたい

キャッシュレス決済の最大の特徴として、

「誰が、いつ、どこで、何を、何円で購入した」

というような記録が残るということが挙げられます。

これは税金を徴収する側としては非常に便利なものなのです。

逆に現金は非常に流動的かつ匿名であるため、なかなかそのお金がどこで誰によって使われたかということを把握することが非常に難しいのです。

逆にキャッシュレス決済が普及すれば国単位で国民の消費活動を監視することができ、正確に傾向をつかんだり、それに対して経済政策を行ったり、余すことなく税金を徴収できたりすることができるようになります。

政府が政治を行うにあたって、キャッシュレス決済が非常に便利であることが見て取れるかと思います。

スポンサーリンク

キャッシュレス決済は超便利です。

いかがでしたか?

キャッシュレス決済がどうしてここまで推進されているかがわかったのではないでしょうか?

冒頭でも紹介した通り、店舗によってはキャッシュレス決済によって最大で5%の還元がされるのでこれからキャッシュレス決済を使わない手はないです。

「近くでどの店舗がキャッシュレス決済還元を受けられるのかな?」

と思った方は下記のサイトで簡単に調べることができるので利用してみてはいかがでしょうか?

Zaimキャッシュレス還元マップ

また、キャッシュレス決済で「払う側」の人にはPayPayが非常にオススメです。

ヤフーカードとの提携で還元率が高くなりますし、なによりサービスが充実していますよ!

また、店舗などを持っている方は、AirPAYを導入してみてはいかがですか?

簡単にキャッシュレス決済対応の店舗にすることができますよ!

キャッシュレス決済で賢く、お得にお買い物や商売をしましょう!

僕のTwitterではブログ更新情報など様々な情報を配信中!ぜひフォローお願いします!

roroLogのTwitterはこちら

スポンサーリンク
roroの雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました