動画編集素人からわずか12日で案件をゲットした方法を紹介する【最強の副業】

スキル・キャリアアップ

動画編集って儲かるらしいけど、本当なのか?

本記事では動画編集を始めようか悩んでいる方や副業を考えている方に向けて書いています。

この記事を読むことで僕が

素人から動画編集を勉強し始めてからたったの12日後にお仕事を頂いた方法

を知ることができます。

ぜひこの記事を読んで副業としての動画編集を検討していただければと思います。

こんな人に読んで欲しい
  • 副業を考えている人
  • 動画編集の学習をするか迷っている人
  • 動画編集の案件が取れない人

    動画編集素人からわずか12日で案件をゲットした方法を紹介する【最強の副業】

    スポンサーリンク

    はじめに:どうやって動画編集を学んだか?

    動画編集と言ってもどうやって勉強すればいいんだ?

    動画編集を始めようと思った時、僕も非常に悩みました。

    手っ取り早くスキルを身につけたかったので独学は考えず、どこで教わるかをめちゃくちゃぐぐりました。

    その上で僕はMovie Hacksを選びましたし、読者の方々にオススメします。なぜなら

    • 他の教材と比べてかなり格安(MovieHacks→¥69,800 他のスクール等→¥100,000以上)
    • 今すぐ学習を開始できて、自分のペースで学習できる
    • 無期限のサポート付き
      MovieHacksリリース!製作者と対談してみた

      コスパが最高な件

      やはり新しいことを始めるにあたって、「お金」は非常にシビアな問題ですよね。

      その点でMovie Hacksは最高です。多くのスクールでは学ぶとなると10万円以上かかってしまうのが普通です。

      しかし、Movie Hacksの場合、たったの7万円で、しかも現役のYouTube動画の編集者が選んだ稼げるスキルを身につけることができるからです。

      引用(https://www.namahamuteikoku.com/moviehacks/#Moviehacks)

      僕自身、学習前は動画編集に関してはまったくの素人でした。未知の世界に高額なお金をかけるのは怖いですよね。

      しかし、Movie Hacksなら比較的安く始められますし、品質は僕が保証します。

      学習ペースの自由度が高い

      他のスクールだと事前に◯週間といった期限が決まっており、その中で全ての学習を終える必要があります。

      しかし、このMovie Hacksなら買い切りの教材なので自分のペースで始め、進めることができます。

      僕のように1週間で終えることもできますし、忙しい方なら1ヶ月かけてのんびりと学ぶことだってできます。

      サポートサービスも無期限で対応してくれるので安心です!

      無期限のサポートがついている!

      買い切りともあって、チャットサポートが無期限なのも非常に嬉しいところですね。

      しかも特別なアプリやサービスを入れずとも、LINEで対応してくれます。
      しかもとても親切。

      僕は学習を始めて間もなく、編集ソフトの操作に不明点があり、質問をしました(皆さんは調べてから質問しよう!)。

      下の画像を見てもらうとわかってもらえるかと思います。
      編集に関する質問でないのにわずか14分で回答の返信が来ました。

      疑問点がいち早く解決するので非常に学習が捗りました。

      Movie Hacksに興味を持った方はぜひ1度HPをご覧になってみてください!!
      -Movie Hacks- YouTubeに特化した動画編集講座

      スポンサーリンク

      僕が素人から編集者としてお仕事をもらうまで

      ここでは動画編集の学習から、始まり、お仕事をもらえるようになるまでの過程を包み隠さずにご紹介します。

      ぜひ参考にしてみてください!

      ①Movie Hacksで学ぶ

      先ほども書いた通り、Movie Hacksで動画編集について学びました。

      僕は早く終わらせたかったので1週間で全ての学習内容を終えました。本気を出せば5日間くらいでも全部学習できるかなと思います。

      進め方としてはカリキュラムにある順番通りに作業を進めていけばいいでしょう。

      そして、Movie Hacksには受講修了生だけの「お仕事案内所」があります!

      課題の動画を編集し、評価してもらい合格することができれば、非常に条件のお仕事の案内を得ることができるそうです!

      ちなみに僕は落ちました。(笑)
      お仕事案内所に入れなくても、仕事はいただけるので安心してください。

      ②ポートフォリオを作ってみる

      Movie Hacksで学んだので案件ください!

      とはいかないのが現実です。自分の実力を知らしめる必要があります。
      残念ながら、成果物のない編集者はほとんど相手にされません。

      そこでポートフォリオを作成する必要があります。
      ちなみに僕が作ったポートフォリオはこちらです。参考までに。

      動画編集・サムネ制作なら「ろろろぐ」へ【視認性抜群の編集・制作】

      そこまで難しく考えずに自分にできることを伝えるための動画だと思って作ればいいでしょう

      それをYouTubeにあげて、適宜そのURLを貼ることで自分の能力を見せることができます。
      どんな形式でもいいと思うので1つ作るようにしてください。

      スポンサーリンク

      ③営業をする

      誰か編集者募集してる人~!!やりますよ~!

      と言っても誰も反応してくれません。自分から積極的にお仕事を取りに行く必要があります。

      お仕事を取る際には主に3つの方法があります。1つずつ紹介していきます。

      ①クラウドソーシング

      絶対に登録すべき2つのクラウドソーシング

      クラウドソーシングで「動画編集」と調べれば、たくさんの依頼が出てくるのでその中でできそうなものに提案文をどんどん送るようにしましょう。

      注意点は以下の通りです。

      • あまり単価を気にしない
      • 数打っても1つ案件が通ればいい方
      • 提案文はちゃんと書く

        単価の高い動画編集というのはその分高いレベルを求めていたり、他の提案者がベテランのハイスキルな編集者であることが多く、案件が通りにくいです。

        もちろんそのような案件にも提案文を送るのもいいですが単価の低いものにも「実績づくり」のつもりでどんどん営業しましょう。

        また、提案文はしっかりと考えて書くようにしましょう。やはり提案文がしっかりしていないとクライアント側も不安で任せようとは思いません。

        正直根気が必要です(僕は15件ほど提案しても1件しかお仕事をいただけませんでした)。我慢強く、営業しましょう。

        ②SNSを活用する

        一番現実的に営業しやすいのがSNSかなと思います。

        「動画編集 募集」で検索すれば時々動画編集者を募集している方がいます。
        その人のリプやDMで自分を売り込んで営業するのです。

        これもやはりうまくいかないことの方が多く、根気がいるのは事実です。

        僕はTwitter30分に一度検索するようにしていました。そして募集している人を見つけたら即営業です。
        その結果、複数のクライアント様からお仕事をいただくことができました。

        大事なのは「即レス」です。スピードは大切なので意識してみてください。

        ③プライベートの人脈

        プライベートの人脈なら誰にも邪魔されることなくお仕事をもらえることができます。

        ダメ元でも周りに探している人がいないか聞き回ってみましょう!

        スポンサーリンク

        新米編集者が営業文で意識すべき5つの項目

        • 自己紹介
        • 実績(ポートフォリオ)
        • 強み
        • 使用ソフト・PCスペック
        • 単価

          この5つは発注側が値段以外に気にしていることなので必ず営業の際は伝えるようにしましょう。

          単価はよくわからないと思うので他の駆け出しでお仕事をもらっている編集者を見て真似をする形でオッケーです。

          ちなみに僕の単価はこちらからご覧いただけます。参考までに。

          スポンサーリンク

          動画編集は稼ぐハードルが低い

          いかがでしたか?

          比較的、動画編集は学習からお仕事までの期間が短くて済みますし、再現性も高いかなと思っています。

          Movie Hacksで学習すればより学習期間を縮めることができます。

          相談・質問等ありましたら僕のTwitter(@roroprog)のDMに来ていただければ出来る限りお答えします!

          一緒に編集者として頑張りましょう!

          スポンサーリンク
          スキル・キャリアアップ
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク
          roroをフォローする
          スポンサーリンク
          roroLog(ろろろぐ)

          コメント

          タイトルとURLをコピーしました