【サムネイルは色で決まる】YouTubeのサムネイル制作の色選びのコツ

スキル・キャリアアップ

今回はサムネイルを作る際に色についてのコツについてお伝えしていきます。

YouTubeに動画を投稿するにあたってサムネイルを作ることがほとんどです。

早速ですがこのサムネを見てどう思いますか?

パット見、なんだか動画の内容がわかりにくいですよね。そもそも文字が読みにくい…
残念ながらこのサムネイルだと、内容がわかりにくく、視聴者からすると、見ようとは思わないですよね。

ではコチラならいかがでしょうか?

もちろん、改善の余地はまだまだあるものの、内容が非常にわかりやすいのではないでしょうか。
これなら一瞬見ただけでも文字がはっきり読めるので内容がどんなものなのかがはっきりわかりますね。

何よりも文字が見やすくなりました。

そこで今回はサムネイルを作る際に注意すべき色についてお話していきます。

スポンサーリンク

※YouTubeはサムネイル命です

せっかくいい動画でもサムネイルが悪ければクリックされず、見てもらえない…

これはYouTubeの残酷なところでもあります。

逆にクリックされればどんどん再生され、動画の質が良ければ最後まで見てもらうことができ、よりYouTubeに評価されます。

つまり、サムネイルが動画の入り口であり、超重要ということです。

僕はサムネイル制作を担当したチャンネルでクリック率を大きく向上させてきました。
どんなサムネを作っているかはこちらをどうぞ。ぜひ冷やかしがてら見てください。

サムネイルポートフォリオ - Google ドライブ

もっと見られたい!!…
収益化を目指して、再生時間や登録者を増やしたい…

そんな方はTwitter(@roroprog)のDMかGmail(pgbb.oklock@gmail.com)までお問い合わせください。

1枚目のサムネイルは無料で作成いたします。

より、チャンネルが精錬されたものになり、より多くの人に見られ、チャンネルが伸びていきます。
お気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク

サムネイルが目立つかは色で決まる!

サムネイルが目立つかどうか、目につくかどうかとうのは色で決まると言っても過言ではありません。

なぜなら、文字以上に圧倒的に「色」が目に入ってくるからです。

色によって動画がどのような内容なのかを知ることも多いのではないでしょうか。

落ち着いたVlog系の動画なら茶色などの落ち着いた色を使いますし、

エンタメ系なら原色に近い、はっきりした色を使いますよね。

サムネイルにとって色で動画の内容を訴えることは非常に有効になってきます。

スポンサーリンク

色の選び方

さて、色の重要性はなんとなくわかっていただけたのではと思います。

ではどうやって、色を選んでいくかというところが重要になっていきます。

色選びで非常に役に立つのが「カラーホイール」です。色相環とも呼ばれていますね。

以下のようなものです。

この色相環を使うことで比較的色の組み合わせを決めやすくなってくるのでぜひ使うようにしてみてください。

では簡単な色選びのコツを紹介していきます。

目立たせるには「補色」を使おう

最も使いやすいものとしては色相環で、向かい合わせの色の組み合わせです。

向かい合わせ同士の色のことを「補色」というのですが、この補色の組み合わせでサムネイルを作れば、お互いがお互いの色をはっきりと見せるようになります。

このサムネイルを見ていただければわかりやすいかと思います。

KOYA/大学生からの副業(https://youtu.be/xRPKkYgXsG0)

このサムネイルは背景が緑なのに対して、重要な文字の部分は赤色を使っています。

こうすることで文字がより、映えて見えますよね。

補色の組み合わせを使うことは非常に簡単なのでぜひ、次のサムネイル制作から取り入れてみてください!

3色以上使うならトライアド意識!

サムネイルは多くの色を使うと重要な箇所がわかりにくくなるため、基本的には2色+白や黒が無難だと思われますが、どうしても3色以上使いたい場合は、「トライアド」を意識してみましょう。

トライアドとは左の写真のように正三角形を描くような色の組み合わせです。

人間はこのトライアドの3色の組み合わせは良い色の組み合わせと感じます。

ただ、原色に近い色を組み合わせると子供っぽいものになってしまうので注意が必要です!

より無難に3色使いたい場合は…

とはいえ、3色というだけでも勇気がいることもあります。

そんなときは以下のような二等辺三角形の組み合わせがオススメです。

これもトライアドの一種なのですが、この組み合わせは補色に近い色を用いている事もあって、派手すぎないのにしっかりと目立つところは目立つようなデザインになります。

ちなみにその知識を活用したサムネイルがこちらです。最大で12%のインプレッションクリック率を叩き出したサムネイルです。

KOYA/大学生からの副業(https://youtu.be/t459w5DXUfQ)

目立つところが徹底的に目立っていますね!

スポンサーリンク

ふさわしい色を選ぶために

動画の内容にあったふさわしい色を選ぶことで、より視聴者にダイレクトに動画の趣旨を伝えることができます。

そこで大事なのは「人は色からどんなイメージを連想するか」を知ることです。

これに関しては僕の過去の記事をご覧いただければわかりやすいかと思います。
色彩心理学で実証されている色の効果をまとめたものになります。

スポンサーリンク

サムネの色は本当に吟味すべき件

この記事に書いたことを実践していただければ、かなり伝えたいことが伝わるサムネイルになるかと思いますのでぜひ実践してみてください!

色さえしっかりと選べば一気に洗練されたサムネイルにすることができます。

ぜひ色相環を見ながらサムネイルを作成してみてください!

もし「本気のサムネイルで多くの人を惹きつけたい!」と思ったらぜひ僕のTwitterかGmailまでお問い合わせください。

クリック率を向上させるサムネイルをお作りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました