VUCA時代の意味とは?何をするべきなのかをわかりやすく【変化を恐れるな】

スキル・キャリアアップ

本やビジネス雑誌で「VUCA」というワードを見たけど一体何なのだろう??

本記事では「VUCA」の意味とはなにか。
そしてこの現代のVUCA時代で僕たちは何を求められておりどのように生きていけばいいのかを解説しています。

こんな人に読んで欲しい
  • VUCA時代の意味を知らない人
  • VUCA時代においてどのように生きていけばいいかわからない人
  • 時代の流れを捉えたい人

    VUCA時代の意味とは?何をするべきなのかをわかりやすく
    【変化を恐れるな】

    スポンサーリンク

    「VUCA」の意味とは一体?

    この記事を読んでいるあなたはおそらく「VUCA」の意味を明確にはご存じないかもしれませんね。

    「VUCA」とは簡単に言うと「現代を象徴する4つの要素」のことです。
    この4つの要素とは

    変動・不確実・複雑・曖昧

    のことです。

    そんなこと言われてもピンとこないなあ…

    その通りでしょう。ここからはこの4つの要素について簡単に紹介していきます。

    変動の時代(Volatility)

    ここ10年で変わったことを思い浮かべてみてください。

    ガラケーがスマホに変わり、場所を問わずインターネットを使うことができるようになりました。
    今ではほとんどのものは家にいながら通販で買うことができます。
    現金を持ち歩かなくても、スマホ一つで外出することが可能になりました。

    このようにちょっと考えるだけでもテクノロジーによって大きく世の中は変わってきたことがわかります。

    そしてこれからは、もっと速いスピードで大きく世の中が変わってきます。

    ビジネスの場、生活の場、全てが移り変わります。

    こんな変動の中で僕たちは生きているのです。

    不確実な時代(Uncertainty)

    昔に比べて不確実なものが増えたのも確かです。

    リーマンショックなんて誰が予想することができたでしょうか?
    思いも寄らない自然災害で多くの地域のサービスがストップします。

    もっと身近なところで言うと、正規雇用でも簡単にクビにすることができる時代が近づいてきていると言われています。

    昔はいい学校・有名な職場にいけば間違いありませんでしたが今は違います。公務員すらもAIに置き換わるのではないかとも言われています。

    テクノロジーの発達が進むほど、未来が予想しにくくなっているのです。

    複雑な時代(Complexity)

    現代は昔に比べると圧倒的に複雑で多くの要素が絡み合っています。
    遠くで起きた国の出来事が日本に大きな影響を与えることもよくありますね。

    太平洋の向こう側のアメリカでリーマンショックが起きれば日本も不況になります。
    他国の首相や大統領の一言で円の価値が大きく変わってくることもありますよね。

    「関係ない」ものがこの世の中から消えてきつつあります。

    地球上すべてがインターネットで繋がり、よりその複雑さは増していきます。

    1つの出来事に対して、自分たちにどのような影響が出るのかを常にチェックする必要もありますね。

    曖昧な時代(Ambiguity)

    物事の区分がどんどん曖昧になっています。

    通販サイトのAmazonがテクノロジー事業にも着手し、テクノロジー企業として評価を得ています。
    車を作っていたはずのトヨタも車を作る以上に自動運転技術の開発を進めています。
    一般人なのにSNSで有名になってタレント以上の影響力を持つようになりました。

    ものや人を1つや2つの肩書きで括ることができなくなってきているのです。

    そして、多くのものがテクノロジーによってつながり、1つ1つの区分も曖昧になってきている、そんな時代なのです。

    スポンサーリンク

    「VUCA」時代にどのように生きるか?

    VUCA時代は常に変化し続け、正解がない時代なのです。

    そしてこのVUCAの流れに対応しないとあなたはたちまち「時代遅れの人」「古い考えの人」になってしまい、世の中から必要とされなくなってしまいます。

    それではどうすればいいのか?この答えを紹介していきます。

    学び続ける

    変化がめまぐるしい世の中で最悪なのは「変化に気づかずに生きること」です。

    変化に気づかぬまま、生きていき、気がついた頃には手遅れ…

    こうなることを絶対に防がないといけません。

    変化に気づく唯一の方法は「学び続けること」

    読書をするのが最高ですが、最初はニュースアプリを利用するのでもいいです。
    わからないことや気になることができたらその度にインプットをする。

    「Newspicks」では最先端のテクノロジーや経済・経営の情報を入手することができるのでVUCA時代には最適なツールです。

    情報収集には必須のアプリなので今すぐインストールしましょう。

    NewsPicks(ニューズピックス)

    NewsPicks(ニューズピックス)

    UZABASE, Inc.無料posted withアプリーチ

    考えるよりも行動

    このような変化が目まぐるしい世の中では考えている時間なんてありません。

    考えるよりも先に行動し、行動しながら動く必要があるのです。

    あなたがチャンスを発見したとき、他の多くの人も同じようにそのチャンスを狙っています。
    そこでじっくり利益やリスクについて考えていると、あっという間にチャンスを他の人にとられてしまうのです。

    それなら後先考えず、とりあえず目の前のチャンスを掴みに行くべきですよね?

    「石橋を叩いて渡る」ということわざがありますが、石橋を叩いている余裕なんてないのです。

    石橋を叩いている間に他の人はその橋を渡ってチャンスを掴み、さらにまた次のステージに進んでいきます。

    行動を第一に考えて生きていきましょう。
    また、行動しながら考える「プロトタイピング」の思考法はこちらの記事で詳しく解説しているのでこちらも合わせてご覧ください。

    ゼロイチ思考を捨てる

    この時代はいくつもの要素が複雑に絡み合い、曖昧で正解なんてないのです。

    ものごとに対して「0か1か」といったゼロイチ思考をしていては柔軟な発想ができなくなります。

    肝心なのは正解なんて誰にもわからないと認めること。
    そして世の中のもの全てがグラデーションになっていると考えること。

    何かが一方的に合っている・間違っていることなんてこの世の中にはありません。

    そして2つあるいはそれ以上のものを明確に優劣をつけることもできませんし必要もないのです。

    0と1の間の0.5や、白と黒の間のグレーを受け入れるようにしましょう。

    自分を強く持って生きる

    この世の中はめまぐるしく変わっていきます。

    時代の流れに合わせてあなたの考えや信念を変えてしまってはキリがありません。

    それでは、八方美人の人間関係が表面だけの薄っぺらいものであるように、あなたの人生の密度も薄くなってしまいます。

    大事なのはあなたの根底にある「やりたいこと」や価値観をしっかりと持っておくことです。

    時代によって手段やプロセスに修正をかけることは非常に大切です。

    しかしあなたの根底にある「やりたいこと」や価値観だけは時代に応じてねじ曲げないようにしましょう。

    そもそも自分自身の本当にやりたいことや価値観を理解していますか?

    少しでもドキッとしたあなたは下の記事をご覧ください。あなたの価値観を浮き彫りにする方法を解説しています。

    スポンサーリンク

    VUCA時代を生き抜こう!

    いかがでしたか?

    VUCA時代の内容を詳しく知ると、その複雑さや厳しさでしんどく感じた方もいるかもしれませんね。僕自身もそうでした。

    しかし、この記事で紹介した対策の手段を実践していけば、新たな時代に対して希望が持ててきます。

    ぜひあなたもVUCA時代をたくましく、生きる力を手にしていただければと思います。

    スポンサーリンク
    スキル・キャリアアップ
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    roroをフォローする
    スポンサーリンク
    roroLog(ろろろぐ)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました