ブログを1年間書き続けたリアルな成果を公開する【pv・収益・続けるコツ】

roroの雑記

ブログを1年続けてみたらどんな感じになるんだろう…

本記事ではごく普通の大学生がブログを1年間書き続けた結果として、リアルなPV数や収益について公開します。

これを読んでいただけると、凡人がブログを頑張ったら、どのような成果を得ることができるのかというイメージを手にすることができるかと思います。

自分の現状と見比べてみて、「私って意外とすごいのかも…」と思えたり、「ちょっと自分は大器晩成なのかな?」とも思うことできると思うので、ぜひ自信の糧にしてください。

こんな人に読んで欲しい
  • ブログを始めようと思っている人
  • ブログを始めて1年未満で、成果が出ていない人
  • ブログを継続するコツを知りたい人

    ブログを1年間書き続けたリアルな成果を公開する
    【pv・収益・続けるコツ】

    スポンサーリンク

    1年続いたブログのPVと収益

    まずは1年続いたブログの現在のPVと収益を公開します。

    • PV→約2万PV/月
    • 収益→約1万円/月
    • 記事数→199記事(非公開合わせて204記事)

      どうでしょうか。「え…こんだけ…」と思った方も多いのではないでしょうか。
      しかし、これが事実です。現状の僕の実力と言えます。

      そして「普通に頑張ったら」誰でもこれくらいの成果になるのかなと考えています。

      僕はブログを1年間続けることで以上のPVと収益を上げられるようになりました。

      とはいえ、これは順風満帆に伸びていったわけではないので、ブログを始めてどれくらいでどれほどの成果を上げたのかを公開します。

      同時にその時期の僕のブログ記事を貼るので、ブログ執筆の成長も見ることができます。
      気になった方はご覧ください。

      ブログ開設〜3ヶ月目

      初投稿のブログ

      ひたすらに手探りで書いていました。

      当時はアドセンスに合格することであったり、ブログのテンプレを作ろうとすることで必死でした。

      もちろん収益はほぼ0。アドセンスでたまたま1ヶ月で10円入ればいい方でした。
      そう考えると3ヶ月ほどでブログに挫折する人が多いことは非常に納得ですね。

      ちなみに当時の月間PV数はおよそ1,000ほど。
      しかもほとんどがTwitterで仲良くなったブログ初心者のフォロワーさんがみてくれた分です。

      ブログ4ヶ月目〜6ヶ月目

      この時期のブログ

      4ヶ月目までは全く鳴かず飛ばずでした。
      3ヶ月目までと同様に月間PVはおよそ1,000ほど、収益も1ヶ月200円いくか行かないかほどでした。

      しかし僕はラッキーなことに上の記事が8月に当たりました。

      この記事が多く読まれたことがきっかけに8月には月間約4,500PVを獲得し、収益も初の4桁に乗りました。

      実はこの間の期間で「3ヶ月連続更新」を行っています。当たった記事も、その期間に書いたものです。

      狙ったわけでもないのにそこで書いた記事がハネたのを見るとやはり最初は質より量だということですね。

      ブログ7ヶ月目〜9ヶ月目

      この時期のブログ

      8月に急成長を遂げてからというものの、毎月ほぼ+100%ペースで収益が伸びていきました。

      月間PVも安定して5,000を超えるようになってきました。

      6ヶ月目まではまったく鳴かず飛ばずだったのに、8月にハネてから毎月急成長を遂げていることがわかっていただけるかなと思います。

      また、半年超えたあたりから完全に僕の現在のブログのテンプレートが完成してきました。

      ブログ10ヶ月目〜1年

      この時期のブログ

      この時期になるとようやく月間収益が1万円を超えるようになってくるとともに、アフィリエイトでどのように書けば読者が振り向くのかがなんとなく体感としてわかってきました。

      月間収益は1万円を突破し、この時期に月間PVが1万を超え、そして2万も超えました。

      1年間を振り返って、いかに綺麗な成長曲線を描いているかがわかるかと思います。

      スポンサーリンク

      ブログを続けるコツ

      僕のブログ継続1年間の成果が小さいと感じるか大きいと感じるかは別として、1年間ブログを書き続けたのは紛れもない事実です。

      そこで僕なりのブログを続けるコツを紹介していきます。

      自分の好き・得意な分野

      これはネタがなくなって書く気力がなくなってしまうことの予防策であり、ブログを楽しく書くための秘訣であるといいます。

      今でこそ、様々な情報を発信している僕ですが、元はと言えば「心理学」と「ボディメイク」の2枚看板でブログを書いていました。

      そこである程度記事を書いていくうちにどんどん発信できることが増えていったのでそのまま発信していった…という感じです。

      成果の挙げているブロガーの方々も最初は自分の好きな分野・得意な分野から始まったことに違いはありませんね。

      例えば、今でこそ、「生き方・稼ぎ方」の発信者として有名なマナブさんも2013年はほとんどが英語や旅行といった留学系のブログと自身のブログ学習のアウトプットの記事が非常に目立ちます。

      イケハヤさんなんかも2009年はソーシャルメディアに関するものに偏っています。

      このように自分の好き・得意な分野のネタを書き続けることがまずは大事なのかなとおもいました。

      1度は無理をして連続更新してみる

      ブログを続けたいのなら1度は連続更新をすることをおすすめします。

      僕はこの記事の中で3ヶ月の連続更新をした時があるというお話をしました。この3ヶ月の間、全てが良質な記事だとはとてもいえません。

      絞りきった後の絞りカスのようなネタで頭を悩ませながら書いたものも多いためいわゆるゴミ記事が多いのも事実です。

      しかし、この3ヶ月の間で確実に

      • ブログを書く能力・スピード
      • ブログネタを仕入れる力
      • 1日に2本以上ブログを書く体力

        このようなものが身につきました。そしてそのおかげもあって連続更新をやめても、一定のスパンで継続してブログを続けることができました。

        確かに最初はしんどいとは思うのですが、ぜひ毎日更新にチャレンジしてみて欲しいですね。
        1ヶ月〜を目標に毎日更新してみてください。景色が変わります。

        Twitterをあまりみない

        え!?ブログとSNS運用は鉄板の組み合わせじゃないの!?

        そう思った方もいるかもしれません。もちろんそれは事実です。
        SNSを上手に活用することでブログのPV数を爆上げすることも可能ですし、マネタイズのチャンスも広げることができます。

        しかし、僕はあえてTwitterをあまりみないようにしています。

        なぜなら、あまりにもすごいブロガーを見るたびにモチベーションが下がってしまうからです。

        僕はブログ3ヶ月目とかで五桁収益をあげる人や半年で10万円以上の収益を上げる人を見るとついつい嫉妬しちゃって、モチベーションが下がってしまうのです。

        そのような人たちを見て、自分を奮い立たせるタイプの人もいるかと思いますが、そうでない方は注意して使うことをオススメします。
        マイペースを崩してしまい、ブログが楽しくなくなったら本末転倒ですからね。

        ちなみにTwitterで僕が見るたびに嫉妬しちゃう素晴らしいブロガー代表格は以下の二人です。

        もちろん、この二人は読みやすい記事を書き、ブログの研究もよくされているので勉強の一環として僕も参考にしています。

        ブログに関わらず「物事を継続するコツ」というテーマで心理学でも実証されている方法論を紹介しているので気になる方はぜひこちらもご覧ください。

        スポンサーリンク

        ブログは稼げるし続けられる

        いかがでしたか?

        1年間の僕のブログの成果を見て「すごい!」と思った方、「しょっぼ」と思った方、様々かと思います。

        モチベーションの糧にするのもよし、優越感を感じるのもよしです。自分なりの解釈をしていただければと思います。

        なんでも続かないからブログなんて無理と思っている方もあまり気にする必要はないのかなと思います。

        僕自身超飽き性ですが、1年間は継続することができました。

        ぜひ、のんびりと楽しくブログを書いていただければと思います。

        スポンサーリンク
        roroの雑記
        スポンサーリンク
        スポンサーリンク
        roroをフォローする
        スポンサーリンク
        roroLog(ろろろぐ)

        コメント

        タイトルとURLをコピーしました