なぜ読書が大切なのか。読書の効果をわかりやすく紹介【本を読め】

スキル・キャリアアップ

本を読みなさい!
最近の若いもんは本を読まん!

こんにちは、roroです。

みなさん、読書してますか?

昔から、親や学校の先生から「本を読みなさい」「読書しなさい」とうるさく言われた方は多いのではないでしょうか。

しかし、読書の効果を的確に言われたことはないのではないでしょうか。

そこで本記事では読書によって得られる効果を一挙に紹介していきます。

これを読めば読書によって何がもたらされるかがわかります。そして読書したい!という気持ちが湧き上がってくるかと思います。

この記事を読むことで

  • 読書の重要性・メリットがわかる
  • 自ら本を手にとるようになる
  • 読書をしたくなる

なぜ読書が大切なのか。読書の効果をわかりやすく紹介【本を読め】

スポンサーリンク

様々なことを学ぶことができる

みなさんが想像する通り、読書によって様々なことを学ぶことができます。

時事問題からちょっとした豆知識、歴史や文化、教養など読書で学べるものは無限大です。

しかし、あまのじゃくな人はこんなことを思うかもしれません。

「今で十分生きていけているから、勉強なんかしなくても余裕だわ!w」

確かに勉強しなくてもいいかもしれません。落ちぶれたいのならば。

福沢諭吉の『学問のすゝめ』の中の一節にこのような言葉があります。

「この世の身分や格差は勉強するかしないかで決まる」

現代に階級制度はなく、表面的には皆平等ですが、実際見えない格差のようなものがありますよね。

それを決めるのが「勉強量」なのです。

勉強することで上のステージに上がることができますし、それに従って人生が充実していきます。

そして気軽に始めることができる勉強がまさに「読書」なのです。

ちなみに、現代の大人の1日当たりの平均勉強量は約50分ほどらしいので、読書をするだけでも簡単に上のステージに上がれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

伝記や自己啓発を読めば、成功を追体験できる

小中学校の図書館にあった古い偉人の伝記。

本屋に行けばいつも注目書籍になっている自己啓発の本。

これらを読むことでその書いた人やお題の人の人生を追体験することができるのです。

そのような本を書く人や書かれる人というのは、もちろん素晴らしい体験をして、素晴らしい考え方を持って人生を過ごしています。

それは決して、一般人が簡単に体験できるようなものではありません。

その素晴らしい体験や、考え方、さらにはその人の失敗や成功を追体験することができるのです。

成功した人の失敗やその時感じたことを学ぶことができれば、自分自身もより成功に近づくことは容易に想像できますよね。

なぜなら、その人が犯した失敗をしないように対策をしたり、失敗の後の正しい対応の方法がわかるからです。

成功に近道はないとは言いますが、読書は成功の大きな近道とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

小説・物語を読めばクリエイティブになれる

本を読むことが好きだけど、基本的には自己啓発やノウハウ本ばかりで、小説や物語、フィクションは読まないなあ…

そんな方も多いのではないでしょうか?

かくいう僕もそうでした。しかし、小説や物語を読むことでクリエイティブになれるという効果があるのです。

事実は小説よりも奇なり」そんな言葉がありますが、小説よりも珍しい出来事など、普通に生きていればなかなか遭遇することができませんよね。

そのような事実にはないような奇怪なことや心を大きく揺さぶられる体験できるのが小説なのです。

実際に、人間というのは様々な出来事や立場、心情を体験することでクリエイティブになっていくと言われています。

小説を読んで普段体験できない出来事や心情を体験すればクリエイティブになれるのです。

「自分が体験したわけじゃないし、そんなばかな!」

そう思う方もいるかもしれません。

しかし、不思議なもので人間の脳というのは主語を認識しないのです。

つまり、小説の中に出てくる人物、ないしは動物であったりキャラクターの感情描写などを読むことによって、脳は自分がたった今感じている感情なんだと錯覚を起こすのです。

まさに登場人物やキャラの人生を擬似的に歩むこととなります。

そうすれば、あなたのクリエイティブさは確実に向上していくでしょう。

また、小説や物語のもう1つの醍醐味といえば、巧みな文章表現であったり、普段使わない言葉に触れるといったものもあります。

そのような自分の知らない日本語を学べるというメリットもあるのです。

スポンサーリンク

学術本は一気にあなたの知識を深める

学術本というと大げさかもしれませんが、様々な「事実」が書かれた本ですね。

様々な専門家が自分の威信をかけて、人々がわかりにくいと思っていることや知らないであろう事実を公開している本です。

僕自身この類の本が大好きで、大学の図書館では頻繁に借りては読んでいます。

このような本はシンプルに勉強になりますし、話のネタとして非常に役に立ちます。

話の最中に本で得た知識をちょっとした小ネタとして織り込むと知的な人間に見られるので非常にオススメです(笑)

また、その情報を色々な人に共有することだってできますね。

僕のブログ記事もほぼ全部、これまでの読書によって得た知識の集大成として書かれたものばかりです。

一度僕の記事を見ていただけるとわかると思いますが、1つ1つの記事の情報の質・量ともになかなかレベルが高いと自負しています。

ぜひ僕の他のブログ記事を見ていただいて「読書でここまで知識を深められるのか!」と実感していただければと思います。

スポンサーリンク

さあ、本を読め!

いかがでしたか?

今まで聞かされることも、知るよしもなかった読書の絶大なる効果がわかっていただけたと思います。

ぜひあなたも読書を始めてください!

また、初心者の方は無理する必要はありません。

薄い本からスタートする、読み飛ばしながら読む、そんな方法をしながらのんびり楽しんでいただければと思います!



また、どうしても字を読むことが苦手だったり、本を読む時間を作れない方はオーディオブックをオススメします。

本を「聴く」ことができるサービスで、本を持つことなく、読書と同じ効果を手にすることができますよ。

スポンサーリンク
スキル・キャリアアップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
roroをフォローする
スポンサーリンク
roroLog(ろろろぐ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました